結成25周年のTEAM NACSが『anan』をジャック、5人の大人な魅力が炸裂

芸能総合 公開日:2021/04/26 18
この記事を
クリップ

TEAM NACSの5人が、5月12日(水)発売の女性グラビア週刊誌『anan』「君たちはどう生きるか2021」特集の表紙に登場する。


2018年、ananでは、大ベストセラーとなり社会現象にもなった同名の漫画にちなみ、より良い生き方について考えた「君たちはどう生きるか」特集を刊行。特集のナビゲーターとして、TEAM NACSの5人が登場したことでも、大きな話題となった。




そして時は経ち、世の中が大きく様変わりした2021年の現在、3年前には思いも及ばなかった新たな不安や悩みが生じている。そこで同誌では再び同特集を企画。今回もTEAM NACSを案内役に、“今だからこそ”気になる5つのテーマを通じて、生き方の本質に迫っていく。この号でTEAM NACSのメンバーが登場するページ数は、合計48ページにも及ぶ。



特集は、前回と同様、メンバーごとにテーマを担当するスタイル。今回は、安田顕が「仕事の未来」、音尾琢真が「コミュニケーション」、森崎博之が「新しい暮らし」、戸次重幸が「心のモヤモヤ解消」、大泉洋が「お金のキホン」のページに登場。自身の意見や経験なども披露しつつ、各テーマの識者と共に解決策を探る。また、日常の小さなお悩みに答える、全員参加の人生相談座談会を今回も開催。息の合った楽しい掛け合いとなっている。


今年結成25周年を迎え、現在全国公演中のTEAM NACS。特集とは独立して、彼ら自身に迫る企画もカラー16ページで豪華に展開。特に撮りおろしグラビアは、大人の魅力と5人のチャームが炸裂する写真がたっぷり。ブラックスーツに身を包んだTEAM NACSの5人が、一人ずつ繰り広げる華々しいワンシーンを誌面にて堪能できる。また、撮りおろしの写真に加え、25年間の軌跡をたどる過去のアーティスト写真&スナップも多数掲載。学生時代から今まで、彼らの歩んだ25年を一気に振り返ることができる仕掛け。ソロインタビュー、ファンへのメッセージに加え、5人の振り返り座談会も掲載されている。



当たり前だった日常がすっかり変わってしまったこの1年。仕事、コミュニケーション、暮らし、心、お金…などの切り口から、新しい生活のなかでより良く生きるにはどうしたらいいかを真っ向から考えた一冊。モノクロページでは、これからの時代を生き抜くためにぜひ読んでおきたい“新時代の必読書”を紹介。CLOSE UP には、岡本健一、知念侑李(Hey! Say! JUMP)が登場。バックカバーから JO1 の 11 人のグラビアも収録されている。




※本記事は掲載時点の情報です。