柏木由紀、20代最後のウエディングドレス姿を披露 30歳目前の「リアルな結婚観」も明かす

芸能総合 公開日:2021/04/21 22
この記事を
クリップ

『ゼクシィ』6月号(2021年4月23日(金)発売 ※一部地域を除く) は、綴じ込み付録「花嫁おうち美容ルーティンSheet」に柏木由紀が起用されている。




撮影を終え、「今までアイドルらしい『ザ・ウエディングドレス』が多かったので、今回のように大人っぽく、肌なじみの良いドレスはすごく好みでした」と大満足の柏木。ヘアメイクもルーズなまとめ髪でシンプルに仕上げ、大人かわいい花嫁姿を披露している。23歳で『ゼクシィ』に初登場した柏木だが、今回披露した20代最後の花嫁姿は表情もしぐさも一段と大人の女性といった雰囲気に。撮影後には「23歳の撮影時は結婚に対して憧れや背伸びの気持ちがありましたが、落ち着きある年を迎えて、より心を込めて撮影に臨めました」と話してくれた。


理想の結婚相手は「昔は優しい人とか、面白い人だった」という柏木だが、今では「話し合いができる人」に変化したそう。「言葉にしなくても分かることはあると思いますが、そうだとしてもちゃんと言葉にしてくれる人がいいです。問題があった時、子どものことなど話し合いができるのは大事だと思います」と両親や身近に結婚している人から影響があったと語る。プロポーズについては、「言う側も言われる側も、言葉にすることで重みや責任感がでてくると思う」と明かしてくれた。

「過去のインタビューで30歳までに結婚したいと言っていましたが、まさか30歳までAKBを現役でやっているとは夢にも思わなかった」と笑う柏木。結婚式については、「話し合いをしながら結婚相手との温度差をなくし、式を作り上げられるのが理想。規模にはこだわらないです」と語る。AKBのメンバーとは、「指原莉乃ちゃんや峯岸みなみちゃんとはお互いの結婚式は絶対に呼び合おうねって何年も前から話をしているのですが、誰も結婚していないですね」と笑いながら明かしてくれた。

■『ゼクシィ』6月号(2021年4月23日(金)発売)

【巻頭大特集】
2021年、結婚が決まったふたりへ。
不安も心配もぜんぶ吹き飛ばすくらい
結婚式って、想像以上に幸せであふれている!

【特別付録】
ポーチ2点、バッグ、キーリングが一緒になった!
JILLSTUART 豪華すぎるポーチ&バッグ4点SET

【綴じ込み付録】
・結婚のお金&ダンドリBOOK
・手続き・届け出BOOK
・彼専用ゼクシィ
・清川あさみ Produce しあわせ彩る婚姻届

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)