『CanCam』モデルほのか、マネージャーとモノマネ対決で完敗

芸能総合 公開日:2021/04/18 25
この記事を
クリップ

4月18日に放送された『爆笑!ターンテーブル』(TBS系)にCanCam専属モデルのほのかが出演した。


昨年末の同番組に出演し話題となっていたほのかと池田マネージャーのコンビで再び登場し、タレントとマネージャーの前代未聞のモノマネ対決が繰り広げられた。


「私が勝ったら次は私単品でオファーしてください」と意気込んで登場したほのかは、森高千里のなりきりで『私がオバさんになっても』を披露。2020年ベストボディ・ジャパン日本大会準優勝の美ボディを武器にしているほのかは、美脚が輝くミニスカ姿で魅了した。

一方、池田マネージャーはJUDY AND MARYの『くじら12号』を圧倒的な歌唱力とモノマネを披露し、さらに替え歌で前回の出演から仕事が増えたことを告白した。その仕事とは、4月19日発売の『週刊プレイボーイ』に水着グラビアで出演することだった。この告白に平成ノブシコブシ吉村はたまらず「(週刊プレイボーイを)買いますよ!」とリアクション。スタジオ出演者全員も驚愕し、スタジオを沸かせていた。

ほのかはこの告白に池田マネージャーをにらみつけ、敵対心をあわらにしていた。

ネットでは「ほのかちゃんとマネージャーでお笑いコンビになってほしい!」や「ほのかさんのにらんでる顔笑った」など、二人のコンビでの出演が話題となっていた。

ほのかは、『ドッキリGP』(フジテレビ系)でもモデルらしからぬリアクションで注目を集めており、体を張ったバラエティタレントとしてさらなる飛躍に注目だ。


また、ほのかのマネージャー、池田マネージャーの今後の仕事にも目が離せない。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)