白石麻衣、煮物大好き「味の良く染みた料理はビールがより一層進みますね」

芸能総合 公開日:2021/04/09 17
この記事を
クリップ

アサヒビール茨城工場内に、スーパードライブランド初の常設施設となる「スーパードライミュージアム」が、4月20日(火)オープンするのを前に報道陣に公開され、アンバサダーに「スーパードライ」のCMキャラクターでもある白石麻衣が就任、発表会見が同所で行われた。


会見では、アサヒビールの松山一雄専務取締役 マーケティング本部長から、同ミュージアムの趣旨や特徴がプレゼンテーションされたあと、白石が登壇。シンプルで大人の女性を印象付ける黒のロングドレスが、アイドルを卒業し、新たな道を歩み始めた彼女にぴったり。松井氏からスーパードライミュージアムのアンバサダー任命書を手渡され笑顔を見せ、「任命いただきとても光栄です。スーパードライミュージアムの楽しさだったり、スーパードライのおいしさをみなさんに広めて行けるよう頑張ります」と意気込みを語った。


アンバサダーの初仕事として、工場出来立てのスーパードライを注ぐ“開栓式”に臨む白石。「スーパードライミュージアム第1号サーブ」となることを知らされると、「貴重な機会をいただいて光栄です!」と、特訓したという注ぎ方を忠実に、また緊張の面持ちで実践。泡の比率も細かさの最高の出来栄えに思わず「おいしそうー!」と声を挙げた。この記念すべき第1号ビールは乾杯の一声とともに松井専務に提供され、専務は「完璧です。どのくらい特訓されたんですか?」と目を丸くしていた。


スーパードライミュージアムのおススメを聞かれた白石は、「エントランスにスーパードライのビッグロゴの写真スポットがあったり、全面スクリーンの迫力ある映像も観られます。ツアーにも参加したんですが、自分が小さくなってスーパードライの缶の上に乗って、工場の充填ラインを巡る映像が観られる“スーパードライゴーライド”もリアルで、潜入感がとてもワクワクします」と紹介した。さらに得意料理に関して聞かれた白石は「私は煮ものが好きなので、筑前煮とかが多いですね。味が良く染みた料理を作ると、ビールがより一層進みますね」とにっこり。


白石のアンバサダー就任効果で多くの来場者が見込まれる新施設「スーパードライミュージアム」。コロナ禍ではあるが、一度気晴らしに美味い出来立てビールを堪能しに、足を運ばれてはいかがだろうか?体験ツアーは電話での完全予約制となっている。詳細は特設サイトへ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 45件)

関連タグ