『るろうに剣心』新田真剣佑の幼少期役を演じた荒木飛羽、15歳の“今”と“成長”を撮り下ろし

芸能総合 公開日:2021/03/31 15
この記事を
クリップ

4月23日(金)と6月4日(金)公開の映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で雪代縁(新田真剣佑)の幼少期を演じる若手俳優・荒木飛羽の1st写真集『15』が3月30日(火)に発売された。写真集のテーマは「春夏秋冬」。 3月で中学を卒業した15歳の“今”と“成長”の1年を追いかけ、 四季折々の景色とともに撮り下ろした。




【写真】ほかの写真をみる


今回、写真集で掲載しているカットを特別公開。「寒いけど頑張りました」と振り返った初夏の海でのキリリとした1枚、これは本作では水着姿のショットである。制服姿は、 夏のいすみ鉄道にてロケを敢行。美しい景色の広がる車窓とともに14歳(※当時)の爽やかな姿を切り取った。そしてメガネ姿がキュートな秋パートのショットでは、高尾山のふもとのミュージアムを楽しむ様子を写し出している。さらに本人もお気に入りの黒コートは、服を母親がコーディネート、ヘアセットは美容師の父親が行った、まさに家族団結のシーン。都内のスタジオや街中で大人っぽい表情をのぞかせ、子どもと大人の狭間にある瑞々しさが凝縮された1冊となっている。


4月11日(日)には福家書店新宿サブナード店で発売記念イベントも開催。荒木は「今から緊張していますが、 皆さんに会えるのが楽しみです!」と語っている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)