崎山つばさ 俳優仲間に褒めたおされる?『読奏劇』スピンオフに“アンコール出演”

ミュージカル『刀剣乱舞』や舞台『幽☆遊☆白書』などの2.5次元俳優としてだけでなく、映画『死神遣いの事件帖』出演、ドラマ『140字の恋』では主演を務めるなど活躍の場を広げている俳優・崎山つばさ。


歌唱力や音楽活動にも定評のある彼が、ドワンゴのオーディオブック配信サービス「ListenGo(リスンゴ)」にて、名作「走れメロス」(太宰治・作)の朗読コンテンツに挑んでいる。


崎山は昨年、「“朗読”という楽曲のMVを届ける」をコンセプトに生まれた『Dream Stage -読奏劇-』に出演しており、そのスピンオフとなる今回の企画で“アンコール出演”となる。そこでレコーディングを終えたばかりの崎山つばさに直撃!オーディオブックに挑む意気込みや書籍との向き合い方、プライベートから幼少期のエピソードに至るまで聞いてきた。




――崎山さんは『読奏劇』でも「走れメロス」を朗読され、今回は「アンコール出演」となりますが、今回の「ListenGo(リスンゴ)」での「オーディオブック」へのオファーを受けた感想をお聞かせください。


崎山つばさ(以下、崎山):

『読奏劇』が公開されたときも、ありがたいことに皆さんの反応が頂けていたんです。そこでの「またやってほしい」「もう一度、走れメロスが聞きたい」というお声が今回の企画実現に繋がっているので、前回よりも良いものをという気持ちは強いです。何度でも聞きたくなるような「走れメロス」を作っていければと今回臨みました。


――「走れメロス」は教科書にも載る名作ですが、作品についてはどのような印象をお持ちでしょうか。


崎山:

小学生の頃に読んだ時と、大人になった今作品に触れた時では、全然印象が違うなという思いがまずあります。小学生の頃は何も分かっていなかったといいますか、メロスが妹やセリヌンティウスのためにひたすら走って、結果オールOKみたいな(笑)大人になってみると、暴君ディオニス側の悲哀であったり、メロスが悪に染まりそうになった瞬間を吐露するシーン、やはり“人間っぽさ”を感じます。
大人になってから気付く部分が沢山あったので、この出会いはありがたいなと思いましたし、ここからさらに歳を重ねて「走れメロス」に触れた時、また視点がかわるのかなという楽しみもあります。


――驚くほど順調な現場でしたが、実際にレコーディングに挑んでみていかがでしたか? 


崎山:

『読奏劇』で1回読んでいるからか、物語も頭に入っていますし、情景も思い浮かべながら出来ました。前回はカメラもまわっていて場所も変わりましたが、今回はレコーディングスタジオの中で淡々と読むという環境なので、集中力を持続させて挑むことが出来たのかなと思っています。「もう一回読んで」と言われても、出来るくらいの体力が残っています!


一同:

(笑)


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)

この記事に関連するコメント

蕪木・L・虎吉 @Kokichi_LS 5月8日

やっと読めたーとおもったら「俳優仲間」って櫻井さんのことかーい!びっくりしたは!名前出すなら出すって書いといて!? 崎山つばさ 俳優仲間に褒めたおされる?『読奏劇』スピンオフに“アンコール出演” | ドワンゴジェイピーnews… https://t.co/3Ow9maXNZN

小学館オーディオブック @audio_sho 5月6日

崎山つばさ 俳優仲間に褒めたおされる?『読奏劇』スピンオフに“アンコール出演” | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/YinnuVK1w7