町田啓太 大人の魅力溢れるグラビア披露、芝居に対する真摯な思い明かす

芸能総合 公開日:2021/03/23 20
この記事を
クリップ

俳優の町田啓太が、『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』5月号(扶桑社、2021年3月27日金曜日発売)限定版カバー&中ページに登場。特集では限定版、通常版ともに8ページに渡り特集。スーツ姿から少年のような笑顔まで魅力溢れる撮り下ろしショットを掲載するほか、インタビューでは芝居に対する真摯な思いを語っている。



大注目を集める町田啓太。ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』『今際の国のアリス』など話題作に次々と出演。『西荻窪 三ツ星洋酒堂』で連続ドラマ初主演を務め、大河ドラマ『青天を衝け』では土方歳三役に。その役柄からだけでも彼の演技の幅広さがわかる。


本誌ヴィジュアルページでは、抜群のスタイルで最新モードを着こなし、「そこでジャンプして」などのリクエストにも応じ身体能力の高さも見せつけた。


デビューして10年、ずっと追い風が吹いていたわけではない。インタビューでは「10代の頃に思い描いていた20代の姿と現実がかけ離れていたことや、今幅ひろい役柄をいただけるようになり 一つ一つ丁寧に一生懸命やっていくことは何かにつながるし、誰かしらが見てくださっていることをすごく実感する」とその心境を語る。『ヌメロ・トウキョウ』5月号で町田啓太の“いま”を感じて。


また、Numero.jpでは撮影裏の動画も公開予定。



■『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』5月号 
発売:2021年3月27日
※地域によって発売日が異なります
限定版・特別版・通常版 定価:700円(税込)
判型:A4変型判・並製無線
発売元:株式会社 扶桑社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ