1万枚のチケットが即日完売した衝撃作、舞台『スマホを落としただけなのに』アンコール上演決定

芸能総合 公開日:2021/03/22 12
この記事を
クリップ

<富田 誠役>佐藤永典

昨年春、公演途中で幕を閉じる事となってしまった今作品【スマホを落としただけなのに】ですが、再び同じチームでお届け出来る事、そして僕自身もそこに参加させて頂ける事を非常に嬉しく思います。昨年のあの時に感じた様々な想いを忘れずに、精一杯に富田誠を演じさせて頂きます。2021年6月劇場で沢山の方にお逢いできる事を願い稽古に励みたいと思います!


<後藤武史役>原田龍二

この度、『再演』が決まり、この作品に関わった人達の情念とも言える想いの成就を感じています。前回、11公演しか出来なかったあの時に誰もが飲み込んだ涙は、今回、熱い想いに姿を変えて帰ってくるということです。上演前にキャストが楽屋に集合し、円陣を組んで舞台へ出て行く…。  あれがまた出来ると思うと、ワクワクします。この再演、ある意味、事件かも知れない!


原作者 志駕 晃コメント

舞台「スマホを落としただけなのに」は私の高校の先輩である横内謙介氏に演出していただき、舞台とは言うもののプロジェクションマッピングなどの映像も駆使した総合エンターテインメントになっています。そこに辰巳雄大、浜中文一、早川聖来など、若手実力派俳優が熱演を競い合ったために、初演時の熱量に私は本当に圧倒されました。初演時はコロナ禍で途中で公演中止となったため、今回、再演が早々に決まり本当に嬉しく思っています。


脚本・演出 横内謙介コメント

昨年春、ご好評を得ての公演の最中、突然の中止を余儀なくされた舞台の復活がかなうことを嬉しく思います。関係者一同、無念を噛みしめている時に、暖かな慰め、そして再開への期待の声を届けて励まして下った観客の皆様に心から感謝いたします。なかには楽しみにしていた観劇がかなわず、我々以上に無念であった方もいらしたはずです。この上は昨年のレベルを凌駕するものに仕上げて、今度こそ皆様にしっかり見届けて頂こう、とキャストスタッフ一同、決意を新たにしています。どうぞご期待下さい。


■「スマホを落としてしまう・・・」

今や生活には欠かせないスマホ。日本の総人口を超えるスマホが存在する現代において、誰もが遭遇しそうな出来事。スマホを落としたことからはじまる様々なアクシデントは「物語の中のお話」では済まされないリアルな恐怖を抱かせる。舞台上で展開される物語は、演劇ならではの手法が加わり、観客をミステリアスな世界へ導いていく。物語は殺人犯が逮捕され、過酷な取調べを受けるシーンから幕を開ける。


■舞台「スマホを落としただけなのに」
<大阪公演> 全5公演
2021年6月4日(金)~6月6日(日)
会場:松下IMPホール

<東京公演> 全9公演
2021年6月9日(水)~6月14日(月)
会場:日本青年館ホール

チケット一般発売日:2021年5月15日(土)を予定

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。