瀬戸利樹 写真集オンライン個別トーク会でファンと交流、“あざとかわいい”魅力炸裂

芸能総合 公開日:2021/03/20 9
この記事を
クリップ

瀬戸利樹2nd写真集『et SETO la』(ワニブックス )の発売記念オンラインイベントがHMV&BOOKS SHIBUYAにて開催された。新型コロナウイルスの感染症緊急事態宣言が発出中を受け、リアルに対面するイベントは叶わなかったものの瀬戸にとって初体験となるオンライン個別トーク会を行い、モニター越しに対面する全国のファン300名と、ひとりずつ45秒間のビデオ通話を楽しんだ。


若手俳優の登竜門、仮面ライダーシリーズを経て、映画、ドラマを中心にキャリアを重ね、現在は舞台、声優、バラエティにも活躍の場を広げている瀬戸。現在は初W主演ドラマ『シンデレラはオンライン中!』の小野田朝陽役のほか、ドラマ『お茶にごす。』(山田航役)、『主夫メゾン』(牧田伸役)が配信中。4月クールドラマParavi『理想のオトコ』にも出演が決定し、今年公開の映画『老後の資金がありません!』が公開待機中など益々の活躍が期待されている。


瀬戸の大きな魅力は、天然で飾らない、誰もがいじりたくなる“あざとかわいい”人柄。そんな彼の姿を存分に撮り下ろそうと、本作の撮影は心を許すスタッフとともに金沢で敢行。“今までで一番仕事を忘れている時間が多かった”と語るほど、プライベート感のある素の表情が全編に溢れ、オール撮り下ろしで構成。写真のほかに、これまでを振り返るロングインタビューや、より瀬戸利樹がわかる100のQ&A、本人のカメラによる撮影日記など読み物の部分も充実した、25歳の瀬戸利樹さんを詰め込んだ内容になった。

 

―セカンド写真集、完成品をご覧になっての感想を教えてください

企画の段階から自分のアイディアを出させていただいて完成した写真集だったので、その分責任も感じてドキドキもしていましたが、写真の色彩豊かでボリュームもすごくあり、僕自身がとても満足できるものが出来上がりました。

25歳の僕が出来るいろいろな表情がこの一冊に収まっているので、写真集タイトルの“エトセトラ”の意味通りだと思います。

みなさんも、楽しみながらご覧いただけると思います。


―お気に入りの写真は?


①この写真集のテーマでもある「あざとかわいい」の一番象徴ともなるシチュエーションです。目がなくなるくらい、心から笑っているカットが個人的にお気に入りです。25歳なのですが、まだポンポンをつけていても大丈夫でしょうか…?(笑)


②金沢名物である金箔。今回は金箔パックをしている最中を、カメラに納めさせてもらいました。この1枚を抜粋していますが、顔に貼り付けるところから落とすまでの一連が2ページに納められているので、そこも注目してもらいたいです。ちなみに肌は1トーン上がって、モチモチになりました!


―撮影時のエピソードや苦労したことなどがあれば教えてください。

カメラマンさん、スタイリストさん、ヘアメイクさんと、全員ずっとお世話になっている方なので、本当に旅行の延長のように楽しませていただきました。本当に素の僕の姿が映っています。

苦労したのは、ポンポンが付いた帽子を被っての撮影です。25歳なので自分は不安になりつつも、スタッフのみなさんに励ましていただきながら撮っていただきました。まだポンポンが大丈夫か、ご覧いただいたみなさまに聞きたいです(笑)。


―ファースト写真集から3年半が過ぎました。今回のお写真を見て変化や感じたことはありますか? 

当時は仮面ライダーの撮影中でクールな役柄だったからか、表情もキリッとしていたように思います。あれからいろいろな作品を経験させていただき、今は表情の引き出し少しは増えたかなと思いました。

また、表情が増えたからなのか、少し若返った気もします(笑)。


―今回の写真集に点数をつけるならば何点でしょうか。理由とともに教えて下さい。

100点満点中、200点です!

僕がやりたいこと、したいことをほぼ全てやらせていただきましたし、もし自分がこの本を買ったとしたら、いろいろな表情も見れ、インタビューも満載で、自分のカメラを持参して道中に撮った写真ページなど遊び心も入っていたりするので、すごく満足していただけると思います!


―今日、イベント当日を迎えた感想は?

やっと今日お届けできると思うと、ワクワクしています。みなさんからの感想が待ち遠しいです。今回はオンラインでのイベントになるのですが、個別でトークができるので、みなさんと素敵な時間を過ごせたらいいなと思っています。

 

―読者、ファンに向けてのメッセージをお願いします。

25歳の僕がこの写真集には詰まっています。いつも応援している皆さんがいるからこそ、2冊目の写真集を出させていただけることになりました。

みなさんに寄り添える一冊になればいいなと思っています。「et SETO la」を堪能してください!


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ