キスマイ千賀健永の大喜利珍回答に、藤ヶ谷太輔ハマる「それもう…」

芸能総合 公開日:2021/03/19 28
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーがあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。第102回目となる今回は「北山リフティング倶楽部」と「レストラン キスマイル」をお届け。


まずは北山宏光の番組コールから始まった「北山リフティング倶楽部」。だが、「誰にも反応してもらえません」と寂しそうにする北山の顔には第92回に付けられた顔の落書きがいっぱい。このコーナーではキスマイで一番サッカーが得意な北山が、普通のおじさんとリフティングで5回連続受け渡しに挑戦する企画。失敗すれば、顔に落書きをされてしまう。今回、北山の相方を務めるのは番組の編集スタジオで警備を務めるおじさん。ちなみにこのおじさん、北山に抱いているイメージは仕切り上手。そして千賀のポンコツぶりがお気に入りだという。早速、3分の練習タイムがスタート。すると、おじさんは意外な上手さを見せ、コーナー史上初めて3分の練習タイムを使い切らずに本番へ突入。果たして5回のリフティングを成功させ、北山は都内共通入浴券10枚をゲットすることはできるのか!?


お次は「レストラン キスマイル」。お客様(=子どもたち)の“スマイル”をゲットするため、メンバーがシェフに扮して大喜利を披露するというもの。店長(=MC)は藤ヶ谷太輔。そして千賀健永率いる千賀チームに宮田俊哉、二階堂高嗣。玉森裕太率いる玉森チームには北山宏光、横尾渉。千賀チームと玉森チームが3つの対決で勝利すればそれぞれ★が1つ与えられ、より多くの★を獲得したチームが優勝となる。



最初にお客様の紹介で倒立ブリッジをする女の子。「スゴイじゃん」(二階堂)「うわぁお」(横尾)「スゲー」(玉森)とメンバーが拍手する中、宮田が「オレやったら背中バーンだわ」とぽつり。すると「宮田シェフの特技に倒立ブリッジ、披露可能と書いてありますけど」とムチャぶりをする藤ヶ谷。もちろん、ここで断る宮田じゃない。「いくよ!」と固い床の上で倒立ブリッジに挑戦する宮田だが、まさに宣言通りの結果に(汗)。さらに『鬼滅の刃』が好きというお客様の前では「半沢さん、いかがですか?」という北山のムチャぶりにもひるまない宮田の姿はまさに“勇者”。またメンバーの中では「キスマイ戦隊メモレンジャー」のときの“デーモン藤ヶ谷”が好きというお客様に藤ヶ谷がいきなり「ちょっと悩んでたのよ。あのキャラクター大事にしたほうがいいかな?」と悩みを打ち明ける一幕も。

【画像】悪の帝王・デーモン藤ヶ谷


ひとつ目の「フルコース対決」では大喜利による3人の回答で、先にお客様から同時に3つのスマイルを獲得したチームに★が1つ与えられる。お題は「『誰が見るか』と国民がツッコむサザエさんの予告を3つ教えてください」というもの。最初に手を挙げたのは千賀チーム。「タラちゃん…ゆかのガムをとる~??」(二階堂)、「カツオ、ガムテープで頭を包んでほふく前進でブラジルまで行く」(千賀)、「カツオ、炭次郎に倍返し!!(半沢風)」(宮田)。一方、玉森チームは「カツオの呼吸 一の型 思春期」(玉森)、「磯の呼吸 一の型 もずくすでむせる!」(北山)、「カツオの呼吸 一の型 カツオのタタキ」(横尾)と回答するも両チームともお客様の反応はイマイチ。3つのスマイルをゲットするチームは!?


1/2ページ