ソニン『うっせえわ』ミュージカルの役 マルグリット・アルノーVer.で“歌ってみた”

芸能総合 公開日:2021/03/15 10
この記事を
クリップ

昨年デビュー20周年を迎えたソニン。20周年イヤーを飾る第2弾として、自身の美と健康のライフスタイルを惜しみなく収録したスタイルブック『ソニンの美・ヴィーガン』が3月22日(月)に発売を控えているが、昨年の自粛期間からリスタートさせたオフィシャルYouTubeチャンネル「SonimOfficalTube」にて、現在話題沸騰中のAdo『うっせぇわ』をアレンジしてカバーした『うっせぇわ/マルグリット・アルノー』を披露した。


若者を中心に広がり、多くの著名人もカバーし話題になっている女子高生歌手Adoのメジャーデビュー曲『うっせぇわ』。今回ソニンが披露しているカバー動画では、先日まで出演していたミュージカル『マリー・アントワネット』で演じていた貧しい娘マルグリット・アルノーとして、歌詞をアレンジ。コーラスを自身で重ねただけではなく、公演後そのままの役メイク、衣装や小道具も手作りし、劇中さながらに扮して熱唱。ソニン渾身のマルグリット・アルノーVer.の傑作動画となっている。ミュージカルファン必見の動画になること間違いないだろう。


オフィシャルYouTubeチャンネル「SonimOfficalTube」では、今回の『うっせぇわ/マルグリット・アルノー』の歌唱動画以外にも、舞台メイクを公開している動画や、20周年ライブ『Cheers.』で披露したライブ映像など多数公開しているので、ぜひチェックしてほしい。

<ソニンコメント>

冒頭の歌詞を聞いた瞬間、マルグリットの台詞かと思ったほど、インスピレーションを感じました。

本家Adoさんの歌詞を尊重しベースとして、MA(マリー・アントワネット)作品のワードや台詞をマルグリット目線で歌詞を変え、歌い方や振りなども役に近づけて撮影しました。

メイクは公演後そのままで、衣装や小道具は手作りで。

上演がついこの間千秋楽を迎えましたので、MAを観た方にはまた別のエンタメとして楽しんで頂けたらと、愛を込めて作成しました。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ