KAT-TUN、グループが継続できた理由を飾らない言葉で語る

芸能総合 公開日:2021/03/09 7
この記事を
クリップ

話題のPERSONの素顔に迫るPHOTOマガジン「TVガイドPERSON」(東京ニュース通信社、毎月9日前後発売)。本日3月9日(火)に発売された最新号「vol.103」は、KAT-TUNが表紙を飾った。


2021年3月にデビュー15周年を迎え、ドラマ、舞台、情報番組とコンスタントに個人での活動を充実させる一方で、約3年ぶりとなる最新シングル『Roar』を3月10日(水)にリリースするKAT-TUN。常に自らを向上させ、唯一無二の存在感を示してきた男たち――円熟味を増した3人の新しい旅は、どこへ続いていくのか。デビューからこれまでを振り返りつつ、「根底には“昔の感覚”が残っている」(中丸雄一)など、それぞれが今、グループに抱いている思いを語る。


また、グループが継続できた理由について「求められて“らしさ”が出来上がった」(亀梨和也)というファンへの感謝の思い、「氷、雷、風、爆発。俺はエレメントが好き」(上田竜也)といったライブ演出への熱意を、飾らない言葉で語っている。さらに、「KAT-TUNとしての15年を漢字一文字で表すなら?」という質問に対する三者三様の回答は、ぜひ本誌でご覧いただきたい。レスリー・キー撮影のワイルド&セクシーなグラビアも必見だ。


そのほか、通算27枚目となるニューシングル『Luv Bias』をリリースしたKis-My-Ft2から二階堂高嗣×千賀健永×藤ヶ谷太輔×横尾渉の本誌独占取材に加え、定時制高校を舞台にしたドラマ「ワンモア」(メ~テレ)主演のA.B.C-Z 、主演舞台「KERA CROSS 第三弾『カメレオンズ・リップ』」の上演を控える松下洸平、ドラマ「賭ケグルイ双」、「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」出演の生田絵梨花&松村沙友理、1stアルバム「ENTER」を3月24日(水)にリリースする高野洸、真夜中ドラマ「京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~」(テレビ大阪ほか)主演の小西桜子のグラビア&インタビューを掲載する。


話題のお笑い芸人が登場する連載「LAUGH PERSONS」の第二回目には、見取り図が登場。好評の声優特集は、TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」(TOKYO MXほか)から堀江瞬×石川界人をピックアップ。


さらに「伊藤あさひカレンダーブック 2021.04-2022.03」を3月15日(月)に発売する伊藤あさひ、自身が実践しているヴィーガンの経験と知識を紹介するスタイルブック「ソニンの美・ヴィーガン」を3月22日(月)に発売するソニン、約3年半ぶりの主演舞台「モダンボーイズ」で、幻の名作ともいわれる青春群像劇に挑む加藤シゲアキなど、今号も話題のPERSON満載のラインナップでお届けする。


■「TVガイドPERSON vol.103」
発売日:2021年3月9日(火) ※一部、発売日が異なる地域がございます
発 行:株式会社東京二ュ―ス通信社
定 価:本体 900円+税
KAT-TUN/二階堂高嗣×千賀健永×藤ヶ谷太輔×横尾渉/A.B.C-Z/松下洸平/生田絵梨花×松村沙友理/高野洸/小西桜子/見取り図/堀江瞬×石川界人/伊藤あさひ/ソニン/加藤シゲアキ

※本記事は掲載時点の情報です。