元乃木坂46 斉藤優里、芸能界引退を発表「残りの時間も全力でお仕事に励んでいきます!」

芸能総合 公開日:2021/03/05 16
この記事を
クリップ

元乃木坂46の“ゆったん”こと斉藤優里が5日、自身のInstagramを更新。芸能界を引退することを表明した。


斉藤は「私からご報告があります。5月末をもって乃木坂46合同会社を退所しこのお仕事を引退することを決めました。」と報告。引退時期については明らかにされていないが、「引退後もアカウントは消さずに更新できたら」と綴っている。


引退前には「カレンダーと、メモリアルフォトブックの発売も決定しました💓💖」とも書かれてあり、残りの時間も“ゆったん”の笑顔に会えそうだ。



斉藤は乃木坂46の1期生として活動。デビュー曲『ぐるぐるカーテン』から3曲連続選抜入り、その後『ガールズルール』『夏のFree&Easy』『太陽ノック』『インフルエンサー』『いつかできるから今日できる』『ジコチューで行こう!』『帰り道は遠回りしたくなる』の選抜メンバーにも選ばれた。2019年3月に自身のレギュラーラジオ番組内で卒業を発表、最初で最後の写真集発売も叶い、同6月で乃木坂46を卒業した。人見知りしない、明るい性格と仔犬のような愛くるしさで人気を博し、『乃木坂工事中』でのバナナマン設楽とのタブレットを使っての“いちゃいちゃ”や、日村との“おべんとうデート”での可愛さは伝説となっている。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ