KAT-TUN『週刊朝日』表紙登場、貴重なインタビューもたっぷり

芸能総合 公開日:2021/03/05 15
この記事を
クリップ

3年ぶりとなるシングル『Roar』を発表するKAT-TUNの3人が『週刊朝日』3/19増大号(3月8日発売・朝日新聞出版)のカラーグラビアとスペシャルインタビューに登場している。 


デビュー15周年を迎え、 3月からは2年ぶりに全国でライブを行う予定。 現在の心境や、 メンバーやファンに対する思い、 コロナ禍での活動についてなど、 たっぷり訊いた。 


他にも、 コロナワクチンの危険な「副反応」や放置される日本発の治療薬などのタブーに迫った特集記事、 東日本大震災から10年後の被災地や原発問題の現状、 東大合格名門校の40年の変遷など、 豊富なラインナップでお届けする。


今年デビュー15周年を迎えるKAT-TUNの3人にスペシャルインタビュー。 亀梨和也はコロナ禍での活動について「求めていただいているファンの皆さんに対して、 どうお返しがでてきるかが大切。 その中で自分が提示したいもの、 自分らしさというもののバランスをとって発信していきたい」と語り、上田竜也はジュニア時代、 ジャニー喜多川さんに「ユー、 芝居がすごくいい」と褒めてもらった言葉を今でも大事にしていると告白。 中丸雄一は、 「とにかく心の底から楽しむ気持ちを大事にしていきたいですね」と、 これからについて語った。 メンバーお互いやファンについて3人がどう考えているのか、 じっくり語っていただいた貴重なインタビューとなっている。



週刊朝日 2021年 3/19増大号

発売日:2021年3月8日(月曜日)

定価:本体391円+税

※本記事は掲載時点の情報です。