松下洸平、最高の一日のオフの過ごし方明かす「わりと夜中まで起きて…」

芸能総合 公開日:2021/03/05 39
この記事を
クリップ

俳優の松下洸平がWEBマガジン『VOGUE GIRL』(コンデナスト・ジャパン)の人気連載に登場している。


WEBマガジン『VOGUE GIRL』では、フレッシュな才能とルックスで注目を集める旬な男性の素顔にせまる企画、「BOY FRIEND」を好評連載中。レトロポップなインテリアで国内外のファッショニスタが足繁く通う新宿の「Café & Bar CHAOS」を舞台に、『VOGUE GIRL』副編集長とゲストが本音のボーイズトークを繰り広げる。


第35回は、NHKの朝ドラの出演を経てブレイクを果たした俳優、松下洸平が登場。俳優、ミュージシャンとして活躍の場を広げる彼が、デビューから10年間の活動について、再始動した音楽活動ついて、今後の出演作やリフレッシュの方法など、『VOGUE GIRL』だけに語った。繊細で端正な佇まいが印象的な彼の素顔に注目だ。


<以下インタビューより抜粋>

―松下くんにとって、ドラマの撮影の楽しさとは?

台本を見るだけでは分からない、きっとこの人はこういう風に言うんだろうなと思いながら台詞を覚えていたことが、カメラが回った瞬間に、全然違う目をして、全然違う言い方をしてきたりすることで、自分もそこで反射神経を試される。その一喜一憂できるところがテレビドラマの面白いところなんだなと思うんですよね。そういう瞬間に出会えたときに、逆に自分も思ってもみなかったような顔をしてしまったりとか。そういう自分に出会えるのがテレビの面白いところ、お芝居全般にいえることですが。


―ここは他の人には負けないぞ、でも。ご自身で分析してみて、松下くんのどんなところに皆が魅力を感じているんでしょう?

質問から少しずれてしまうんですが、全方位でいたいな、とは思います。年齢や性別といったものを超越して、色んな人にものを届けられる人間でいたいとは心がけているかなぁ。あの…そういう人はきっと魅力が一つではない気がしていて。もちろん、仕事に対しても人に対しても誠実でありたいんですけど、それをどこかで裏切りたい、っていう変な自分もいたりとか。良い意味でですよ。こうであってほしいって思う部分を、僕はわりとコロッとひっくり返したりできる性格なんですよね。


―最高の一日のオフの過ごし方は?

わりと夜中まで起きて映画観て、そのまま昼の2時ぐらいまで寝て、起きて。部屋を掃除して、ずーっとYouTube見ていたいです。


▼「BOY FRIEND」

https://voguegirl.jp/boys/boyfriend/boy-friend-starring-koheimatsushita/


VOGUE GIRL PHOTO:MASAMI SANO (KIKI INC.) © 2021 Condé Nast Japan. All rights reserved.

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ