Da-iCEが焚き火を囲んで本音トーク、秘密にしていた“デビュー当時の出来事”とは?

芸能総合 公開日:2021/02/26 24
この記事を
クリップ

Da-iCEの配信冠番組 『Da-iCEのヂカン』第13話の配信が2月25日(木)22時30分よりdTV、dTVチャンネル、ひかりTVでスタートする。


最終回も前回に引き続きキャンプ場。昼食に直火で焼いたステーキを食べた大野雄大とバイきんぐ・西村瑞樹。お腹も満たされたあとは川に移動して夕食用のニジマスを釣ることに。「釣りについては雄大くんよろしく」と釣りが得意な大野の後に付いて行く姿勢の西村。そして、さすがに得意分野になると本領発揮の大野、ものの数十秒で一匹目を釣り上げる。驚く西村と周りのスタッフ。だが釣りは素人だという西村もコツをつかんできたようで順調に1匹、2匹と釣り上げ、サイコロトークなどを挟みつつ2人で楽しい釣りの時間を満喫する。




しかしここにも対決があるのを忘れてはならない。勝敗は何匹釣り上げたかではなく、一番の大物を釣り上げた方が勝者になるルール。どうやらこの川にはかなりの大物、つまりヌシがいるらしい。そう聞いてさらにやる気が出てきたのか、餌を大きくしたり工夫を凝らしながら釣り糸をたらす大野と西村。そんな2人の目の前に、ついにヌシが姿を現わした。固唾を呑む瞬間はやってくるのだろうか?そして勝負の行方はどっちに転ぶのか?



太陽が山の向こうに沈み始めた頃、一台のロケバスが到着。気をもみながら待っていた大野と西村の前にDa-iCEのメンバー工藤大輝、和田颯、花村想太、岩岡徹、そして小沢一敬が「待たせたね」という感じで降りてきた。「やっと来たよ」とホッとした表情の大野雄大。「ところで顔出していいんですか?」と、いつもは“天の声”を務め顔を出さない小沢を気遣う大野だが、「気にする視聴者いないから」とあっさり返す小沢。そんなDa-iCEのメンバー5人に小沢と西村を加えた7人のほのぼのとしたやり取りのあと、いよいよ夕食タイムが始まる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 16件)