岩田剛典が恩師に明かす「デビューから1番苦しかった時」とは、芸能生活を振り返り

芸能総合 公開日:2021/02/17 7
この記事を
クリップ

第50回日本レコード大賞をはじめ、数々の受賞歴を持つ日本を代表する音楽プロデューサー松尾潔が、2月17日(水)に初小説となる『永遠の仮眠』を新潮社より発売する。発売に合わせ、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典を起用した表紙カバーのメイキング+「松尾潔×岩田剛典」対談動画が公開された。

【関連】岩田剛典 表現者として魅せるギャップにドキっ、キーワードは幼なじみ3人の“あの言葉”

----------non_rss_end-----------





メイキング動画では、カバー撮影密着に加え、デビュー以来10年ぶりとなる松尾と岩田の再会の瞬間や対談を収録。岩田は今回の小説について「リアルな自叙伝のような感覚で読みました」と感想を伝えた。

さらに、デビュー曲を手掛けた松尾との縁、これまでの芸能活動を振り返り、人生を変えたグループ、 メンバーとの出会いに改めて感謝。「デビュー以来、1番苦しかった時」を問われ、「急に売れた時期に、想像を超えたところに自分たちが行ってしまったような感覚があって。当時はすべてを受け止められる度量がなかった」と語っている。

岩田剛典は2010年に「三代目J Soul Brothers」のパフォーマーとしてデビュー。グループのメンバーを決めるオーディションで審査員を務めたのが松尾だった。デビュー当時、まだ大学生だった岩田との交流は、松尾に強い印象を与えた。本書のストーリーでも主人公の悟は新人発掘オーディションの審査員をし、デビューさせたシンガー・義人のプロデュースを担当。作中の重要な人間関係と二人の関係性には共通項があった。デビュー前からお互いを知る深い関係性と、作品との共通項から、松尾は岩田に表紙カバーで「登場人物の憂いや不安を演じて欲しい」と切望、今回の企画が実現した。

作詞家・コラムニストのジェーン・スーと、作家の三浦しをんからも絶賛のコメントが到着した。



<ジェーン・スー コメント>
「すべてを手に入れた男が最後まで手放さなかったものを、私も心から信じている。」

<三浦しをん コメント>
「渾身で音楽を生み出す主人公の姿に胸が熱くなった。人と人とを結びつけ、自分以外の誰かに 深く思いを馳せるために、創作物はあるのだ。」

▼初!岩ちゃんが松尾潔さんの小説のカバーに!撮影現場に完全密着!!/松尾潔『永遠の仮眠』

■『永遠の仮眠』
2021年2月17日発売
著者:松尾潔
表紙:岩田剛典
価格:1,700円(税別)

(C)新潮社



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)