Jr.EXILE 総勢38名が集結『BATTLE OF TOKYO』小説が発売前重版決定

芸能総合 公開日:2021/02/15 15
この記事を
クリップ

LDHが仕掛ける総合エンタテインメント・プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」を物語化した『小説 BATTLE OF TOKYO vol.1』(角川文庫)が、2月25日の発売を前に重版が決定した。本書は2月4日の予約開始以降、「Amazon売れ筋ランキング」本部門、「楽天ブックス週間ランキング」(2月1日〜2月7日)で1位を獲得するなど、大きな注目を集めている。






【関連】Jr.EXILE総勢38名が大集結、「BATTLE OF TOKYO」の展望を「ダ・ヴィンチ」で特集



同プロジェクトは、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZによる「Jr.EXILE」総勢38名が集結し、遥か未来の架空都市「超東京」を舞台にコラボバトルを繰り広げる次世代エンタテインメント・プロジェクトで、今月5日に発売された『ダ・ヴィンチ』3月号(KADOKAWA)で特集記事が掲載された際も各書店で売り切れが続出するなど、話題を呼んだ。


小説版の第一弾となる本書は、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」や「交響詩篇エウレカセブン」など、数々の人気SFアニメを世に放ってきた佐藤大をはじめ、「HiGH&LOW」シリーズの脚本を手掛けた平沼紀久らが監修した「BATTLE OF TOKYO」の物語を原作にノベライズしたもので、高度に進化したネットワークに管理された平和な大都市「超東京」を舞台に、怪盗団のMAD JESTERSやROWDY SHOGUN、Astro9、JIGGY BOYSら、特殊な能力を持った若者たちによるバトルを描いたストーリーとなっている。


著者の月島総記は、『emeth~人形遣いの島~』で第3回スクウェア・エニックス小説大賞に入選し、2007年に小説家としてデビュー。これまでに、第1回ダ・ヴィンチ文学賞A.S.ゼロワングランプリ大賞を受賞した『巴里の侍』のほか、『INGRESS THE ANIMATION ―NOVELIZED―』、『ファイナルファンタジー零式 Change the World』などの執筆も手掛けている。


※本記事は掲載時点の情報です。