Da-iCE 意外な才能を発揮!?高難易度の“動物アフレコ”に挑戦

芸能総合 公開日:2021/02/05 16
この記事を
クリップ

Da-iCEの配信冠番組 『Da-iCEのヂカン』第10話の配信が2月11日(木)22時30分よりdTV、dTVチャンネル、ひかりTVでスタートする。



【写真】ほかの写真をみる(全9枚)



アフレコで意外な才能を発揮するメンバー!


工藤が挨拶の後「どうですか最近?」とメンバーに振ると、大野が「最近目覚ましの前に起きてしまう」と発言。そこに花村が「明日5時起き!」と重ねて発言するなど、メンバーの早起きで健康的な習慣が明らかにされたアイドリングトーク。それを受けつつ“天の声”小沢一敬准教授が「もうすぐバレンタインデー」と浮き足立つような話題を提供するが、さほど話が広がらないまま本日の教授、ベテラン声優の松本保典が紹介される。


「こんな空気でいいのでしょうか?」と遠慮がちに登場する松本教授。本日のテーマは“アフレコ”。小沢准教授が「声優としてアニメや海外ドラマ、ナレーションのほか後進の育成にも携わっているアフレコのスペシャリスト」だと松本教授を紹介。今回、Da-iCEのメンバーは“アフレコ選手権”と称して様々な形のアフレコに挑むことに。


育成のプロでもある松本教授だが「若い芽を摘んでいこうかな」と意外にもブラックな発言でメンバーとスタジオを笑いに包む。まずは海外の映像でベーシックな吹き替えにチャレンジするメンバー。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)