堂本光一 上田竜也から“ジャニーさんの申し子”と称される、梅田彩佳も“YOU”呼びに興奮

芸能総合 公開日:2021/02/01 29
この記事を
クリップ

KinKi Kidsの堂本光一が1日、東京・丸の内の帝国劇場で行われた映画『Endless SHOCK』初日舞台挨拶に、共演の上田竜也、梅田彩佳、越岡裕貴、松崎祐介、前田美波里とともに登壇した。


作・構成・演出・主演を堂本が務め、日本演劇界におけるミュージカル単独主演記録1位を更新中の驚異的ミュージカル『Endless SHOCK』が今回、初演から20年の歴史の中で初めて映画館に登場。2020年2月の公演中止後に、無観客の帝国劇場にクレーンカメラ3台を含む16台のカメラを持ち込み、様々なポジションに設置、そして1台のドローンを飛ばし、通常、客席からは見ることのできない新しい『Endless SHOCK』を撮影した。


映画の初日を迎えた感想を聞かれると、本作の監督も務めた堂本は「自分の思いつきから始まった部分があるんですけど、皆さんに協力いただいて、それを実現できたというのは本当に嬉しく思います」と喜びを口にし、「もうすぐここで始まる『Endless SHOCK -Eternal-』という作品が、本編の3年後を描いた作品なので、どうにかして本編をご覧になったことがない方にもEternalを楽しんでいただける形はどうやって取れるかなと、去年、大阪公演をやっているときに考えていて、映画をやれば両方楽しめるのかなと思ったのがきっかけです」と制作にあたった経緯を説明。


続けて、「(Endless)SHOCKの本編はここ帝国劇場と、大阪と博多の劇場の3箇所でしか仕掛けと劇場の大きさ的にできないので、それ以外の地方の方々にもスクリーンで作品をご覧いただけることはこれまでなかったことなので、そこもすごく嬉しいですね。多くの方にご覧いただきたいなと思っています」と感慨深げに語った、


そんな堂本の思いつきを最初に聞いた際の心境を尋ねられた上田は「大阪で聞いたときに、“すげー面白いな”ってめちゃめちゃ興奮しましたね。光一君ってジャニーさんの申し子みたいで、後ろの陰にジャニーさんの発想力があって、普通の人じゃ考えつかない発想を多々してくれるので興奮しましたね」と目を輝かせ、梅田も「すごく興奮しましたし、今、上田さんが『ジャニーさんの申し子』って言っていましたが、この間、稽古場で光一さんが『YOUたちさー』ってさらって言ったんですよ。ジャニーさんみたいってすごく興奮しちゃって、ジャニーさんがいるみたいだなって思いました」と声を弾ませた。


また、編集を行って新たな発見などはあったか聞かれた堂本は「例えば、今日はいないですけど寺西(拓人)がすごくいい芝居をしているなとか、後輩もすごく頑張ってくれているなって。ステージ上にいるとすべてが見られるわけではないので、すげーいい演技してるじゃんって思いましたね」と嬉しそうに語り、撮影時のエピソードを聞かれた梅田が「光一さんにディレクションしていただきました。『舞台のときはこの気持ちでやってほしいけど、映画のときはもうちょっと気持ちを変えて』とか言っていただきました」と監督・堂本光一の一面を打ち明けると、堂本は「偉そうに…。恥ずかしい…」と照れ笑いを浮かべた。


さらに、映像化するにあたってのこだわりについて堂本は「これまでもDVDを出してきたんですけど、なるべく劇場での迫力みたいなものをそのまま伝えたいなという思いがあるんですね。ですから、映像の加工は特にしないというのが自分のポリシーです」といい、「だけど今回は、映像作品として映画館で流すということもあって、ちょっと別撮りを加えてみたり、よりストーリーに入って行けるような作り方をこだわりました」と明かした。


そして、見どころを聞かれると、堂本は「SHOCKは2005年にストーリーを変えてやっているんですけど、今の時代へのメッセージにも通ずる部分があると思うんですね。(ジャニー喜多川さんから学んだ)『The Show Must Go On』は、直訳すると『何があってもショーは続けなければならない』になりますけど、決して我々もこういう世の中の状況下で、絶対に何があっても幕を明けるという意味ではなく、つまづいたときでも後ろを振り向いてみたり、そこからまた少しずつ歩き出していく勇気だったりが大事なんじゃないかなというメッセージも込められているので、今の世の中に重ね合わせて、このメッセージを受け取っていただけたらなと思います」と熱く語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)