キスマイ玉森裕太、メンバーもびっくりの“天然発言”に時が止まる

芸能総合 公開日:2021/01/22 93
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーがあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。第94話では、「キスマイ戦隊メモレンジャー」と「二階堂高嗣 コントやってやります」が配信された。




今回の「キスマイ戦隊メモレンジャー」で悪役を担当するのは横尾渉。横尾は悪の帝王・ストロングマシーンと名乗り、冒頭から邪悪さ炸裂。横尾のターゲットになったのは、北山宏光と玉森裕太。というのも、横尾は過去に配信された「キスマイBET反省会」の時に玉森と芋虫とバッタを食べるという罰ゲームを賭けて勝負し、負けてしまう。いざ罰ゲーム、となってもなかなか芋虫とバッタを食べることが出来ない横尾。そんな横尾を置いて北山と玉森は帰ろうとしてしまう。そのことを根に持っていた横尾は「メモレンジャーの時、覚えてろよ…」と復讐を誓っていた。



▼「キスマイBET」反省会の様子



そして今回が絶好のチャンス。さっそく横尾は北山を指名し、何もしていない北山に罰ゲームをくらわせることに。「俺をいじめるとこうなるんだよ!」と横尾は高らかに声を上げるのであった。続いて横尾から指名されたのは二階堂。二階堂に「GO TO HELL」の意味を言ってみろと質問すると、二階堂はサラりと「地獄へ行け」と正解してしまう。横尾は「なんで当てるんだよ!」と正解したにも関わらず邪悪ベイダーを呼び出し、またしても北山に罰ゲームをくらわせる暴挙に。


横尾は「このゲームは俺が絶対だからな!気を付けろよ!」と宣言し、大混乱の中メモレンジャーたちの挑戦はスタートした。


今回のチャレンジは絵しりとり。これまで一度もクリアしたことがない絵しりとりだが、今回こそはと意気込む。1stチャレンジは出題者の横尾が「コアラ」の絵を披露。そこから二階堂、藤ヶ谷太輔、北山、宮田俊哉、千賀健永、キッズレンジャーのユリスくんからラストの玉森に繋いでいく。メンバーは推理力を駆使し、なんとか絵しりとり繋げていくが、いざ答え合わせというときに玉森は横尾が描いた「コアラ」の絵を見て衝撃の天然発言を繰り出す。メンバーもびっくりしすぎるあまり、時が止まったように静まり返ってしまったが、その玉森の衝撃発言とは…?


1/2ページ