森七菜 父親がドラマのキスシーンで泣く、将来彼氏できたら「気絶するんじゃないか」

芸能総合 公開日:2021/01/14 4
この記事を
クリップ

女優の森七菜が14日、「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」を受賞し、都内で行われた表彰式に出席した。10代部門での受賞となった森は「伝統ある栄えある賞をいただき、嬉しく思います。胸を張ってジュエリーをつけられるように頑張りたい」と初ういしく挨拶した。


ジュエリーを初めて身に付けたのは去年の誕生日で、母親からのプレゼントだった。まだジュエリーとの接点が少ない中での受賞となり「信じられません。全く予想つかなかった。受賞を知ったときもびっくりしました。まだ実感が湧かない」と驚き。それでもプレゼントされたダイヤのネックレスに「気分はすごくいいですね!気持ちがわくわくする」と胸を踊らせた。


喜びは「まずお母さんに知らせたい。すごく喜んでくれると思う。早く伝えたい」とにっこり。報道陣から“ジュエリーをくれる男性の存在”について質問されると、「それを言うとお父さんがすごい悲しみます(笑)。お父さん、この前のドラマを見て泣いていたので。キスシーンもあって、それを見て泣いていた。(もし将来彼氏に会ったら)気絶するんじゃないか。作戦会議しないと」と笑いながら語った。


現在19歳で、今年8月で20歳を迎える森。10代でやり残したことを聞かれると「色んなことを思いついたらすぐやってしまうのでないかな…。あ、でも一人旅とかしたかったと思う。(新新型コロナウイルスの影響で実現は)難しいですけど…」とした。


「日本ジュエリーベストドレッサー賞」は、過去1年を通じて“最も輝いている人、宝石が似合う人”を選出・表彰するもので、今回で32回目。今年は森のほか、20代部門を新木優子、30代部門を戸田恵梨香、40代部門を小池栄子、50代部門を斉藤由貴、60代部門は田中美佐子、男性部門を横浜流星、特別賞を内田篤人がそれぞれ受賞した。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 32件)

関連タグ