戸田恵梨香 初めてのジュエリーはパール「お守りのような」、新婚生活は語らず

芸能総合 公開日:2021/01/14 4
この記事を
クリップ

女優の戸田恵梨香が14日、「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の30代部門を受賞し、都内で行われた表彰式に出席。艶やかなロング丈のチューブトップドレス姿で登場し、「このような賞をいただけるとは思わずびっくり。綺羅びやかな宝石を頂いて重さと喜びを同時に味わっている。ジュエリーのように輝けるよう精進していきたい」と喜びを語った。


この日は黒ドレスに受賞記念のパールネックレスを合わせていたが、初めてのジュエリーもパールだったという。「20歳のとき両親がパールのネックレスをプレゼントしてくれた。お守りのような、両親が守ってくれているような存在で、大事な時に身につけるようにしております」とほほ笑み。両親からもらったパールは“お守り”だが、この日贈られたパールは「自分の気持ちをあげてくれる、女性としてますます輝かしい存在になるのかな?」と語った。


同賞は“最も輝いている人”に贈られるもの。受賞理由を自己分析してもらうと、「2020年は朝ドラをやらせていただいたけど、コロナもあってしっかり働けない期間もあった。(自粛期間中に)改めて自分の人生を見つめ直して、人との繋がりを生きる喜びをより強く感じてまっすぐ未来を見据える気持ちとなった。それが皆さんに届いたのかな」とした。


昨年末には俳優の松坂桃李と結婚を発表して世間を驚かせたが、この日の取材では結婚に触れず。報道陣からの関連質問は関係者によって遮られた。


「日本ジュエリーベストドレッサー賞」は、過去1年を通じて“最も輝いている人、宝石が似合う人”を選出・表彰するもので、今回で32回目。今年は戸田のほか、10代部門を森七菜、20代部門を新木優子、40代部門を小池栄子、50代部門を斉藤由貴、60代部門は田中美佐子、男性部門を横浜流星、特別賞を内田篤人がそれぞれ受賞した。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 31件)

関連タグ