新木優子 幼い頃から宝石好き、コロナ禍でも「自分らしさを教わった」

芸能総合 公開日:2021/01/14 18
この記事を
クリップ

女優の新木優子が14日、「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の20代部門を受賞し、都内で行われた表彰式に出席した。新木は「物心ついた頃からジュエリーが好きで、母が私がお腹の中にいたときジュエリーの広告をずっと眺めたくなると言っていたくらい、ジュエリーの熱意が強かった」と生粋の宝石好きを明かした。


ジュエリーは幼少期から「特別な存在」。「身に着けることで気持ちがキュッとなる。20歳のとき、ご褒美で買ったジュエリーをいまもずっと大切にしていますね。見ると初心を思い出す、宝物のような存在です」と紹介した。


「ちゃんとしたジュエリーは数点しか持っていないですが、すべて特別な思いがある。元気がないときや力が欲しいとき、夜キャンドルをたきながらジュエリーを眺めたりするし、朝見て頑張ろうという気持ちになって仕事に行く日もある」と日常生活にジュエリーが寄り添っている様子。コロナ禍でも「家の中でジュエリーを身に着けることで自分が特別な存在になったような、自分らしさをジュエリーから教わった」と語った。


受賞はまず家族に報告し、「おめでとうと言ってもらえて嬉しかったです」。今後は「素晴らしい賞をいただいたので、これからもジュエリーの魅力も、自分の魅力も引き出せる女性になりたい」と話した。


「日本ジュエリーベストドレッサー賞」は、過去1年を通じて“最も輝いている人、宝石が似合う人”を選出・表彰するもので、今回で32回目。今年は新木のほか、10代部門を森七菜、30代部門を戸田恵梨香、40代部門を小池栄子、50代部門を斉藤由貴、60代部門は田中美佐子、男性部門を横浜流星、特別賞を内田篤人がそれぞれ受賞した。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 25件)

関連タグ