キスマイ二階堂高嗣、さらば青春の光・森田の名言に感動「コントはJAZZ」

芸能総合 公開日:2021/01/15 18
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーがあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。第93話では、「横尾渉の変身!噛ミングスーン」と「二階堂高嗣 コントやってやります」が配信された。


「横尾渉の変身!カミングスーン」はキスマイで一番活舌の悪い横尾が早口言葉に挑戦する。早口言葉を言えなかったら、恥ずかしいコスプレ衣装に着替えて登場するという企画。



横尾は、前回の挑戦で見事チャレンジ成功。そのため、今回の挑戦ではコスプレ衣装ではなく、通常衣装で登場する。しかし横尾は「テンション上がらないですね」「コスプレしている方がおもしろいですよね」とボヤき出し、「逆に俺が噛んだら他のメンバーが着替えるのが面白いんじゃない!?」とメンバーを巻き込んだ企画の提案を始める。


そんな横尾が今回挑戦する早口言葉は「北山の筆記体 期待したのに時たま汚すぎだった」というお題。果たして横尾は2回連続でチャレンジ成功なるか…!?


本日配信されたもう一つの企画は「二階堂高嗣 コントやってやります」。この企画は二階堂が長年の夢だったというコントに挑戦するというもの。


前々回の配信では、尊敬するコント師のバイきんぐに「ネタを書いてみたら?」とアドバイスを貰い、前回の放送では親しいお笑いコンビ・サンドウイィッチマンに早速作ったネタを見て貰った二階堂。


その後、二階堂は「あれから作家さんとも相談して1本ネタを書いてみた」と話し、ネタを「僕の大好きなコント職人に見てもらいたい」と、既にコント職人にアポを取っているという。


1/2ページ