Kis-My-Ft2&SixTONES 『ミュージックソン』24時間生放送を完走、13人で『KISS & PEACE』歌い上げる

芸能総合 公開日:2020/12/25 21
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2とSixTONESがパーソナリティを務めたニッポン放送「第46回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」。目の不自由な方たちが安心して街を歩けるように「音の出る信号機」を設置するため、毎年12月24日の正午から25日の正午まで生放送でお送りするチャリティプログラム『ニッポン放送 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』。Kis-My-Ft2とSixTONESのメンバー全員が無事24時間生放送を完走した。




今年のキャッチコピー「とどけ、ニッポンエール」にちなみ、今年のスペシャル企画は「とどけ!ニッポンエール~13人が繋ぐメッセージ」をお届。Kis-My-Ft2とSixTONESのメンバー13人ひとりひとりが主役になって、視覚障がい者のスポーツの現状、視覚障がい者による駅のホーム転落事故などの課題、盲導犬の物語やミュージックソンの歴史などを紹介した。また、リスナーから寄せられた「エール」にまつわるたくさんのメッセージを紹介したり、24時間にわたってメンバー全員が「エール」を届けた。


日付が変わった25日午前0時(24日24時)からは、Kis-My-Ft2とSixTONESの2組によるクリスマススペシャルライブを実施。Kis-My-Ft2が『To Yours』『Smilest」、SixTONESが『Imitation Rain』『この星のHIKARI』とそれぞれ2曲ずつ歌唱したあと、13人全員でKis-My-Ft2 の楽曲『KISS & PEACE』を歌い上げた。リスナーからは「豪華すぎる!」「素敵なクリスマスをありがとうございます」「13人でのコラボ感動しました」と多くのメッセージがメールやTwitterで寄せられた。午前1時(24日25時)からは『オールナイトニッポン』『オールナイトニッポン0(ZERO)』のラジオ・チャリティ・ミュージックソンスペシャルを放送。ニッポン放送のレギュラー番組 「Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium」と「SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル」の名物企画を実施するなど、オールナイトニッポンの時間帯ならではのトークに番組はもちろん、リスナーも大いに盛り上がった。




ゴールまであと1時間となる25日午前11時過ぎには、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今年はスタジオに来られなかった筑波大学附属視覚特別支援学校の児童がリモートで出演。メンバー全員と一緒に「サンタが街にやってくる」を大合唱した。子供たちの明るく元気いっぱいの歌声に、Kis-My-Ft2とSixTONESのメンバーは笑顔に包まれた。


エンディングでは、メンバーひとりひとりから、24時間を走り切った感想と温かい気持ちを寄せてくださったリスナーの方への感謝の気持ちが伝えられたあと、最後に13人全員で「ありがとうございました」を伝え、コロナ禍の日本に24時間エールを送り続けた「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は終了した。番組が終了した25日(金)正午時点の募金総額は4357万6520円となった。なお、募金の受付はキャンペーン期間中の2021年1月31日(日)までとなっている。



Kis-My-Ft2とSixTONESメンバーからコメントも到着した


1/3ページ