SixTONES 最強クール&モードな6人が『anan』表紙に登場、2021年の野望を語る

芸能総合 公開日:2020/12/21 15
この記事を
クリップ

SixTONESが1月6日(水)発売の女性グラビア週刊誌『anan』の表紙に登場する。


デビューから約 1 年、ファン待望のアルバム『1ST』をリリースするSixTONES。その発売日となる1月6日に、anan の 2021 年1号目となる「NEXT! 新時代を生き抜くための教科書。」特集の表紙を飾る。これまで、雪の日のロケや水を駆使した表紙、花や砂を使ったグラビアなど、anan の撮影でさまざまな挑戦をしてきたSixTONE。


そんな中、今回撮影のキーとなったのは“光”。真っ暗な夜の世界に浮かび上がるネオンの光、そして朝焼けのようなピンクのグラデーションの光の中で、最強にクール&モードな6人が収められている。まさに、2021年の幕開け号の表紙にぴったりなシチュエーション。うっすらと夜が明けてゆく朝焼けカットが、明るい新年のスタートを切る。


色とりどりのネオンライトに囲まれた6人。シンプルなシャツに身を包み、それぞれのメンバーカラーが煌めくネオンとともに撮影したカットは、思わず目を奪われる、アーティスティックなポートレートになっている。また、ゆらめくピンクのグラデーションが美しい朝焼けライトでは、デザイン性のあるモードなオールブラックスタイルで登場。自由に体を動かし、舞いながらの躍動感ある撮影となった。バシッと決めたソロカットに、舞いながらのペアショット、そして前へと歩き出す6人の集合カットと、見応え抜群。現力の高い彼らならではの、超スタイリッシュなグラビアとなっている。



また、インタビューでは「NEXT! 2021」特集に合わせ、彼らの次なる可能性、力の伸ばし方、2021 年の野望についても語っている。6人揃った座談会では、待望のファーストアルバム『1ST』の魅力にも迫る。



同誌では『NEXT! 新時代を生き抜くための教科書。』を特集タイトルに、新たな時代をサバイブするためのヒントを紹介。インタビューでは、紗栄子、平野ノラら、常に自分を更新する人たちをピックアップ。そのほか、2021年のトレンドを予測する企画では注目のアーティスト・崎山蒼志、女優の小西桜子、Lil かんさい、俳優の高橋文哉、坂東龍汰ら、いま注目の面々が登場。2021年3月5日発売予定のananカレンダー発売に際し、新連載「Hey! Say! JUMP カレンダーへの道」がスタート。第一回に知念侑李が登場する。



Ⓒマガジンハウス



※本記事は掲載時点の情報です。