田中みな実、“最も美しい人”に選出「ご褒美みたいで大変光栄」

芸能総合 公開日:2020/12/18 16
この記事を
クリップ

フリーアナウンサーで女優の田中みな実が、ビューティー誌『VOCE(ヴォーチェ)』が選ぶ『2020年 最も美しい人』に選出され、18日に都内で行われた「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2020」で表彰された。


イベント後の囲み取材に応じた田中は、改めて同賞を受賞した感想を求められると「本当に美容が大好きで、コスメが大好きで、このような賞をいただけるなんて、ご褒美みたいで大変光栄なことだなと思っています」と喜び、普段から心がけている美容法を尋ねられると「基本的なことを丁寧にやるということでしょうか。お家に帰ってきてメイクを落として保湿するという、当たり前のことのようだけど、疲れているとついその作業がいい加減になったり、楽しくできなかったりすると思うので、私は美容を楽しいから続けられると思っているので、楽しい美容を心がけて、日々スキンケアだったりをしています」と明かした。


また、2020年を振り返っての思いを聞かれると「世の中的には大変なことが多かったと思いますが、個人的にはとても充実した1年になりました」と笑顔交じりで話し、「いろんなお仕事をさせていただいて、このような賞もいただけて、これ以上にないくらい最高の1年でした」と満足げな表情を浮かべた。


続けて、もしクリスマスに仕事がなかったら、どんなことをして過ごしたいか問われると「できたらお仕事があるといいなと毎年、思っているんですけど、クリスマスがお休みだと、街はクリスマスムードで寂しい気持ちになるので、お仕事を今年もいただけてありがたいなと思っています」と答えた。


そして、来年の抱負を聞かれると「おそらく来年はお芝居のお仕事も需要があれば増えたらいいなと思っているので、そこを頑張りたいなと思っているし、美容もお仕事も積み重ねが大切だと思っているので、努力を惜しむことなく、一つひとつのことに精一杯、地道に取り組んで行きたいと思います」と目を輝かせ、幼少期に海外で暮らしていたことから、女優としての海外進出の野望の有無を追求されると「えっと(笑)、まずは日本でしっかりと経験を積みたいと思うんですけど、将来的にお仕事関係なく、海外に住むことはあるかもしれないなと思っています。海外で生まれて、海外で育ったということもあるので、ひょっとしたらご縁があるのかもしれないと感じています」と語った。


©VOCE/講談社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ