NANAMI 1st写真集、姉 堀北真希さんと比較「末っ子っぽい魅力が出ている」

芸能総合 公開日:2020/12/15 15
この記事を
クリップ

モデルでアイデザイナーのNANAMIが15日、都内で行われたファースト写真集『NANAMI写真集 blow』(講談社刊)発売記念記者会見に出席した。


同写真集では、沖縄本島を舞台に、開放的な気候のもと、初めての水着グラビアやセクシーなランジェリーショットにも挑戦。「オトコ心をくすぐるような写真も残したかった」と本人も語る、写真集ならではの新たな一面は必見。さらにロングインタビューも収録され、仕事観や家族への思いなど、初めて語られるエピソードの数々も要注目の1冊となっている。


写真集は有名な人が出すというイメージがあったというNANAMIは「まさか自分が出版できるなんて思っていなかったので、嬉しさはもちろんあったんですけど、驚きのほうが上でしたね」と目を丸くし、実物を手にし「“本当にできたんだな”という感動がありましたね」と嬉しそうに語った。


そんな写真集の見どころを聞かれると「私自身、初となる水着やランジェリーのカットを撮らせていただいて、肌見せなんかも見どころの1つになっていると思うので、ぜひ注目して見ていただけたらなと思います」とアピールし、信頼できるスタッフにも恵まれて撮影時に恥ずかしさはなかったそうだが「いざ、これが全国の皆さんに届くんだなと考えたら、またちょっと恥ずかしさはありますね(笑)」と照れ笑いを浮かべた。


また、お気に入りには、朝ベッドのカットを挙げ「程よい肌見せもあるんですけど、寝起きっぽい写真になっていて、本当に朝一番の早い時間の写真で、すっぴんに近いメイクにしていただいて、朝日の感じとかもよくて、ちょっと大人っぽい私になっていると思うので、すごくお気に入りです」と声を弾ませたNANAMI。撮影での思い出については「沖縄の離島にフェリーで行ったときに、急遽、山登りをしたんですね。私は山登りが好きなんですけど、写真集で山登りをすると思っていなかったので、そのサプライズ感も含めて楽しかったので、思い出に残っていますね」と声を弾ませた。


なお、姉の堀北真希さんには写真集を出すことを報告していないそうで「多分、知っていると思うんですけど、次に会うときに直接渡したいと思います」といい、堀北さんの写真集と比べての出来栄えを尋ねられると「私は末っ子で、(写真集でも)私の素顔みたいなものがたくさん出ているんですけど、姉はしっかりしていて大人の余裕があって、私はいい意味で末っ子っぽい魅力が出ている写真集になっているんじゃないかなと思います」と自己分析した。


2020年ブレイクタレントの1人に数えられるNANAMIは、ブレイクした実感はあるか聞かれると「実感はあまりないんですけど、ありがたいことだなと思います。写真集を年内に出せたことも大きかったですね。テレビに出させていただいたり、いろんなお仕事をさせていただく機会が多かったので、写真集は集大成として出せたのかなというのはありますね」と吐露し、さらに「こうやって記者の方から囲まれてインタビューを受けるなんて、まさか自分がやるとは思っていなかったので、ありがたいなと思いますね」と目を輝かせた。


撮影=三瓶康友/『NANAMI写真集blow』(講談社)


続けて、2021年にチャレンジしたいことを聞かれると「具体的にコレというものはないんですけど、タレントと呼ばれるように頑張っていきたいと思っているので、“やりたくない”は無しにして、いろんなことにチャレンジしていけたらいいなと思っていますね」と抱負を語った。


また、しばらくは非恋愛主義を続けていくそうで「もちろん“恋愛は絶対にしません”というわけではないんですけど、今はお仕事に集中していきたいなという気持ちなので、(仕事を含めて)自分の時間を第一優先にしていきたいなと思っています」と胸の内を語り、好きな男性のタイプを追求されると「自分の趣味を持っていて、いい意味で引っ張ってくれる人ですね。今はキャンプとか釣りが流行っていると思うんですけど、そういう趣味に連れ出してくれるような男性はすごくいいなと思いますね」と頬を緩ませた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 27件)

関連タグ