Da-iCE 気になる女の子をデートに誘う時の“SNSマナー”を学習、高評価メンバーは一体…!?

芸能総合 公開日:2020/12/16 17
この記事を
クリップ

Da-iCEの配信冠番組 『Da-iCEのヂカン』第2回目の配信が17日(木)22時30分よりdTV、dTVチャンネル、ひかりTVでスタートする。




SNSの“これ”を習得すればスマートな大人?


前回に続き今回もオープニングのアイドリングトークからリラックスな雰囲気のDa-iCEのメンバー5人。小沢“准教授”との掛け合いではスタジオは大きな笑いに包まれた。そして本日の“教授”である浮世満理子が登場、発表された今回のテーマは「SNSのマナー」。


浮世教授が、まずSNSのマナー違反について説明を始めると、やはり興味があるのかメンバーは神妙な面持ちで聞き入る。そしていよいよ教授が出したお題に対して「LINE」で実際にやり取りをする「ロールプレイ」に挑戦することに。



意外と難しいLINEでのやり取りに四苦八苦!?


 

最初のお題は、「気になっている女の子をデートに誘うとき」。一番手として意気揚々と挑んだ大野は、低評価をくだされあえなく撃沈。救いの手を差し伸べるかのごとく小沢“准教授”からのアドバイスにメンバーともども「さすが!経験が違う」と感心の表情を浮かべる。

続いて「嫌いな上司に飲みに誘われた時の断り方」、さらに「喧嘩した友人と仲直りするとき」というお題に対して順番に挑んでいくメンバーだが、高評価を得る者は現れたのか?また今回も意外な展開は訪れたのか?


収録を終え、「今後はいろいろ気をつけながらやっていきます」と学習の成果を生かしたい気持ちの和田。「メンバーがLINEでやり取りする文章を普段見ることがないので新鮮でした」と楽しんだ様子の工藤。「マナーちょろいな、という感じでした(笑)」と余裕の笑みを見せる花村。「今後も自分自身を貫き通そうと思います(笑)」と開き直る大野。「見つめ直すいい機会になりました」と謙虚で前向きな岩岡。


ということで、Da-iCEのメンバー5人の今後のSNSの文面に大注目だ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)