松井咲子&内木志カレンダーブック リレーイベント、ゴールに待っていたのは!?

芸能総合 公開日:2020/12/13 18
この記事を
クリップ

松井咲子(元AKB48)がクラシック音楽の聖地・富士五湖を舞台にした30thメモリアル版カレンダーブック、 内木志(元NMB48)が箱根のひとり旅をテーマにしたカレンダーブックをリリース。 同じ事務所の先輩・後輩の間柄であり、 それぞれの巻末ページ(浅草編)でコラボもしていることから、 2人の“リレー発売イベント”が開催された。


スタートは神保町の書泉グランデで内木ソロイベント、 次に同書店で松井&内木Wイベント、 最後は松井が秋葉原の書泉ブックタワーに移動した。


イベントが終わって、 内木は「松井咲子さんを長年応援しているファンの方々とも交流ができて、 とても新鮮でした。 咲子さんのカレンダーブックを見せていただいて、 先輩ですが笑顔がかわいいな、 と思いました。 ジャグジーで泡に戯れているカットはセクシーですね。 私は来年、 年女。 また素敵なお仕事とたくさん出会えますように!」と語った。 松井は「ここちゃんのカレンダーブックは、 彼氏目線で見ると面白いかも。 箱根デートの気分が楽しめると思い ます。 温泉のカットは色っぽくて、 私よりセクシーですね。 私は来年、 素敵な1年&素敵な女性になれるようにがんばります!」とコメント。


また、 松井は「AKB48の15周年イヤーに秋葉原に凱旋しました!」と、 秋葉原の地でファンと再会。 そこにもう1人、 松井へのサプライズで素敵な人の出会いも待っていた。 モーニング娘。 の絶頂期に「メロン記念日」のグループで活躍した大谷雅恵。 今はタイダイ染め関連の商品も手掛けており、 松井のカレンダーブックの中でタイダイ染めTシャツを衣装提供。 松井が大谷に会うのは今日が初めてで、 「小学生の頃からモーニング娘。 ミニモニ。 メロン記念日が大好きで、 本当にうれしい。 夢みたいです」と大感激だった。


大谷は「ここ数年、 ピアノの腕を競うバラエティー番組などで彼女をよく見ていました。 今回、 ふとしたご縁から私のTシャツをカレンダーブックの誌面で着ていただいて、 私もうれしかったです。 清楚で透明感あふれ、 キュートな松井さん。 これからも、 いろいろな経験値を重ねて、 より魅力的な女性になっていってください」とエールを送った。 カレンダーブック“リレー発売イベント”のゴールシーンは、 時代と垣根を超えた奇跡の瞬間だった。 (衣装協力:ECLIN)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)