木村拓哉 貫禄のタキシード姿で魅せる、『anan』表紙で大人のダンディズムを表現

芸能総合 公開日:2020/12/14 31
この記事を
クリップ

木村拓哉が12月25日(金)発売の女性グラビア週刊誌『anan』の表紙に登場する。


anan50周年イヤー、そして 2020年の大トリ号のカバーを飾るのは、エンターテインメント界の最前線を走り続けているスター、木村拓哉。モノクロの世界でフォーマルなタキシードを着こなす圧巻のダンディズムを表現した。


「最前線の景色。」というテーマで撮り下ろしたカットは、常に日本のエンタメ界のフロントラインで活躍してきた木村が纏う、貫禄や矜持、存在感に満ちた一枚となっている。思わず釘付けにされる、射抜くような視線の先にあるのは、新しい時代の扉を開く、まさに運命の開拓者が見る景色。2020年に引き続き、新春に放送のスペシャルドラマ『教場Ⅱ』で演じる警察学校の教官のように、私たちを新時代に導いてくれるかのような、頼れるオーラに溢れたビジュアルとなっている。




グラビアページではタキシード姿のほかにも、格調高いブラックに身を包んだスーツスタイルも披露。撮影では、最初はきっちりと着ていたスーツを徐々に着崩していった木村。ジャケットを脱いだり、袖のボタンを外したり…着崩していく途中ですら全て美しいポージングで、撮影した写真はどれも表紙を飾れるような、強さに溢れ、まさに“オール表紙候補”状態。誌面ではその中でも特にハッとする写真が余すところなくセレクトされている。また、アイコニックなサングラスに大胆な胸元オープンニットを合わせた、シンプルでありながら攻めたカジュアルスタイルも。スタイリッシュな髪色と相まって、こちらも“一度見たら忘れられない”ビジュアルになっている。


インタビューでは、エンタメ業界が例年にない苦境に陥った今年、木村がこの状況をどのように感じていたのかについて語った木村。常に現場主義で活躍してきたスターの胸の内に迫っている。新春ドラマ『教場Ⅱ』撮影現場での年下世代との興味深いコミュニケーションの話も披露されている。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ