横浜流星が生配信、クリスマスイブの予定は「残念ながら仕事です」

芸能総合 公開日:2020/12/12 42
この記事を
クリップ

森永製菓は12 月 12 日の「ダースの日」を記念し、俳優の横浜流星が出演する SNS ライブ配信イベント『EAT WITH EVERYONE』を開催した。 


本イベントでは、横浜が、2020 年を振り返った感想や、CM の魅力などについて語り、好きなダースの味やクリスマスイブの予定などについて、リアルタイムでファンからの質問にも答えた。 イベント内では、「ダースの日」にちなんで 12 時 12 分に視聴者と一緒に「ダース」を食べる企画もあり、ダースの食べ方について語る場面も。 


横浜は、今年を振り返って、「身の周りの環境がすごく変わって、いろいろなことを考えられた年でした」と コメント。 また、ファンからの「クリスマスイブの予定は?」という質問には、「残念ながら仕事です。イルミネーション見に行きたいですけどね~!」と話し、プライベートな様子も垣間見えるイベントとなった。 


イベントは、横浜流星の挨拶からスタート。横浜は、「短い時間ですが、最後までよろしくお願いします!」 と画面の向こうの視聴者に語りかけ、「それでは、ダースの日スペシャルイベント「EAT WITH EVERYONE」スタートです!」とタイトルコール。 


2020 年も残りわずかということで、横浜は今年を振り返って、「身の周りの環境がすごく変わって、いろいろなことを考えられた年でした」と感慨深げに語り、「お仕事もまだまだいけます!」と来年への意気込みについてもコメントした。 今年がダースのイメージキャラクターを務めて 2 年目になる横浜。今年の CM について尋ねられると、「今回の CM では、僕は若手カメラマンを演じました。忙しい日常の中で、ふと手を止めて、ダースを味わいます。おしゃれな印象の CM になっています」と CM の魅力について語った。 


今回、横浜への質問を事前に Twitter 上で募集。横浜は、質問が書かれた紙を箱の中からランダムに選び回答。最後は、「皆さんもコメントたくさんありがとうございます」と質問を寄せたファンに対し感謝の気持ちを伝えた。 


■ファンからの質問と横浜の回答 

―ダースの何味が一番好き? 

「いちご」が好きです。元々いちごが好きなのですが、ダースはチョコといちごの二層構造になってるんですよ、皆さん知ってましたか?だからより美味しいんです。


 ―流星くんのリフレッシュ方法は?また、モチベーションを上げる方法は? 

リフレッシュ方法は、筋トレです。モチベーションを上げる方法については、綺麗事になってしましますが、応援してくれる人が活力になっていて、より良い作品を届けることがモチベーションになっています。 


―ダースの日の 12 日後はクリスマスイブですが、予定は? 

残念ながら仕事です。イルミネーション見に行きたいですけどね~! 


―一人時間の過ごし方は? 

つまんないんですけど、台本を読んだり、ドラマ、映画を観たりしています。 あと考え事があるときは、壁の一点を見ています。朝から夕方になっているときもあります、食事も摂らずに。瞑想みたいな感じです。 


―一日役者を休んで他の仕事をできるとしたら、どんな仕事をしたい? 

父が大工なので、大工をやってみたいです。一軒家を建てたい。でもあんまりセンス無いんで、不思議な独特なもの ができてしまいそうです。


―レアダースの刻印をデザインできるとしたら、どのようなデザインにしたい? 

流星という名前なので、流れ星のデザインがいいですね。 


―CM を撮影したときに印象に残っていることは? 

カメラマン役だったのですが、現場によく写真を撮ってくださっているカメラマンがいたので、アドバイスを頂きました。そのおかげでサマになったと思います。 


本イベントは「EAT WITH EVERYONE」ということで、12 月 12 日の「ダースの日」にちなみ、12 時 12 分に 視聴者と一緒に「ダース」を食べる企画を実施。 まず、横浜はミルク味のダースを開封。すると、何箱かに 1 つの確率でしか入っていないという、チョコの刻印が異なる「レアダース」が。横浜は、「ラッキーです!」と嬉しそうに話した。 続いて、WEB 動画「EAT WITH RYUSEI」でも紹介している、特別な食べ方を司会者が説明。それを横浜が実践して見せた後、「5、4、3、2、1」というカウントダウンと共に、12 時 12 分に視聴者とダースを味わった。


 「皆さんもやってくれましたかね?ゆっくりと味わって食べました、美味しかったです!目をつむっていたのが恥ずかしかったですが、皆さんもつむっていたと思うので大丈夫ですね!」と感想を語った。 イベントの最後は、来年に向けて「2021 年も皆さんに楽しんでいただけるような年にしたいし、役者として皆さん の心を動かす作品を作っていきたいです。」と前向きに語り、「ダースの日スペシャルイベント「EAT WITH EVERYONE」をご覧頂き、ありがとうございました。皆さんも忙しい日常が続くと思いますが、先ほど一緒にダースを 食べた食べ方でひと粒大人を休みましょう」と笑顔で締めくくり、ダースの CM と共にエンディングを迎えた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)

関連タグ