究極のシンプルライフとは?年末にオススメ“心すっきり”エンタメ4選

芸能総合 公開日:2020/12/11 9
この記事を
クリップ

フィンランドのドキュメンタリー映画『365日のシンプルライフ』を基に、価値観の異なる男たちの大勝負を描いた究極のシンプルライフ・エンターテインメント『100日間のシンプルライフ』が、全国公開を迎え話題沸騰中だ。



「モノの考え方を改めようと思った」、「2人の関係性がとても魅力的で面白かった」、「自分のモノと向き合ってみます」などSNSでは作品に感銘を受ける声が広がっており、“究極のシンプルライフ”旋風が止まらない。

2020年も残すところあとわずか。コロナ禍で不安な日々が続く中だが、年末は一年の終わりとしてそんな悶々とした気持ちをリセットする良い機会。そこで今回は、“心をすっきり”とさせられるオススメのエンタメを、映画、youtube、絵本、そしてNetflixからご紹介。気分を一新しすっきりした気持ちで2021年を迎えよう。


映画『100日間のシンプルライフ』(公開中)


2014年に日本でも公開されたフィンランドのドキュメンタリー映画『365日のシンプルライフ』を価値観の異なる男たちの大勝負へと大胆にアレンジしたシンプルライフ・エンターテインメント。スマホ依存症のパウルとコンプレックスの塊のトニーは、幼なじみでビジネスパートナーでもある2人。あることをきっかけに大げんかした2人は大金を賭けたある勝負をすることに。それは、すべての家財道具を倉庫に預け、裸一貫で所持品ゼロの状態から1日1つずつ必要なモノを取り戻し100日間生活するという、トンデモバトルだった。

彼らの前には、謎の美女ルーシーや、「NANA」を買い取ったIT実業家ザッカーマンらが姿を現し、ラブロマンスやビジネスバトルも巻き起こる。想定外の出来事が次々と発生する波乱の毎日を乗り越えたパウルとトニーが気づいた“本当の幸せ”とは…?

トンデモバトルを送る過程で、シンプルライフの良さに気づいたパウルが浮かべる素敵な表情はまさに“すっきり”しており、そのシンプルな暮らしは注目だ。さらに、裸一貫から始まった“究極のシンプルライフ“を送ることで価値観が変わっていく彼らの姿には、デジタル中心の生活を送ることが増えた今の時代を生き抜く上でのヒントが満載。彼ら同様に身の回りのモノと向き合い、本当に大切なモノとそうでもないモノを考えることで心を“すっきり”させることもできるはず。パウルとトニーが選んだ本当に大切なモノとは一体…?結末はぜひ劇場でご覧いただきたい。あなたもシンプルライフの虜になるかも!?


監督・脚本:フロリアン・ダーヴィト・フィッツ
キャスト:フロリアン・ダーヴィト・フィッツ、マティアス・シュヴァイクホファー、ミリアム・シュタイン
配給:トランスフォーマー、フラッグ
(C)2018 Pantaleon Films GmbH / Erfttal Film & Fernsehproduktion GmbH & Co. KG / WS Filmproduktion / Warner Bros. Entertainment GmbH


Youtube「おさよさん収納ノート」

Instagramのフォロワー35.1万人の暮らしの達人であるおさよさんが、収納を中心に暮らしの知恵を投稿しているyoutubeチャンネル。家事アドバイザーや、親子のお片付けセミナー講師としても活躍され、数々の書籍も出版されているおさよさんだからこそ知っている豆知識や、生活に密着したアイディアは参考になるものばかり。

洗面所の収納や、食器棚の収納動画では、綺麗にモノを整理整頓するためのコツをわかりやすく解説されており、実際におさよさんが使用している整理グッズも丁寧に紹介されているため、真似をしやすく簡単に家の中を“すっきり”とさせることができる。

収納の他にも、洗濯機の掃除方法や、1週間の献立動画などお役立ち情報満載で、時折登場する猫ちゃんのかわいらしい表情にも注目!整理整頓され掃除が行き届いた部屋は心を“すっきり”させること間違いなし。

おさよさん収納ノート(外部サイト)


絵本『えんとつ町のプペル』

お笑いコンビ・キングコングとしても活躍している西野亮廣が、にしのあきひろ名義で発表したオールカラー絵本。製作総指揮を西野亮廣が務めた映画も製作され、12月25日に封切られる。

厚い煙によって空が見えない「えんとつ町」。えんとつ掃除の仕事をしている少年ルビッチは、体がゴミでできたゴミ人間と出会い「プペル」と名付ける。体がゴミであること、そしてその匂いから街中の人々から避けられていたプペルだったが、ルビッチはプペルを家まで連れて帰り、2人は友達になる。しかしあることをきっかけに徐々に疎遠になっていくルビッチとプペル。ルビッチが日常を取り戻しつつある中プペルが姿を現し…!果たしてルビッチとプペルの絆は再び結ばれるのか…?そして2人を待ちうける運命とは一体?

総勢33名のイラストレーターやクリエイターと完全分業して制作されたという本作は、オリジナリティあふれる壮大なイラストが特徴でみるものすべてを物語に引き込む。物語のテーマとなっている「信じぬくことの大切さ」は忘れがちな気持ちで、生きていくうえで大切なことを思い起こしてくれるはず。そして、予想のつかない結末は感動必至で、心がすっと洗われるような感覚に襲われる。大ヒットの絵本で心を“すっきり”させてみては!?

絵本『えんとつ町のプペル』(外部サイト)


Netflix『クィアアイ in Japan !』(Netflix配信中)

ファッション、料理、インテリア、美容、ライフスタイル、それぞれのプロフェッショナルでファビュラスな5人のゲイの男性、通称「ファブ5」が、一般人の不安や悩みに親身に応じ、ときめくアイディアを披露する大人気リアリティ番組。

このシリーズでは、ファブ5がついに日本に上陸!ガイド役に水原希子、ゲストに渡辺直美を迎え、多忙なホスピス看護師、生きづらさを抱えるゲイの男性、暗い過去を持つイラストレーター、人見知りのラジオディレクターの4名のパーソナリティに迫っていく。

それぞれに悩みを抱える4名の日本人を前に、その悩みの背景や本当の気持ちを引き出していくファブ5の面々。時には厳しい現実を突きつけるも、短直な解決策ではなく、より豊かな人生を歩めるようなアイディアを思案し、形にしていくファブ5の姿勢には元気がもらえるはずだ。そしてファブ5のアドバイスを経て変わっていく4名の相談者の表情は、明るく晴れやか。あなたもファブ5に力をもらって“すっきり”してみよう。

クィアアイ in Japan !(外部サイト)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)