Da-iCE 最強の“味覚オンチ”は一体誰に…!?料理対決は意外な展開に

芸能総合 公開日:2020/12/09 21
この記事を
クリップ

5人組ダンス&ボーカルグループ Da-iCEの冠バラエティ番組『Da-iCEのヂカン』(全13話)が2020年12月10日(木)21時よりdTVで配信がスタートする。



最強の“味覚オンチ”は誰?


海の見える都内の某スタジオ。冠番組というプレッシャーで緊張しているのかなと思いきや、満面の笑みを見せリラックスした様子のDa-iCEのメンバー5人。なんだか歌いだしそうな踊り出しそうな、そんなDa-iCEの普段通りの明るい雰囲気のまま収録がスタート。


まずはオープニングトークで意気込みを語るメンバー。すると“准教授”役・小沢一敬の声が天から聞こえてきた。小沢にいじられながらうれしそうにやり取りするメンバー。そんな中、本日の“教授”である和田明日香が登場し、今回のテーマが「料理」だと告げる。まずは、「食べ合わせグルメ・レシピ当てクイズ」という味覚を駆使したクイズに挑戦。目隠しをしたメンバーの前には謎めいた食材が次々と運ばれてくる。まっとうに当てにいくか、ボケた答えで笑いをとるか悩みどころだが正解率が低かったメンバーには罰ゲームが待っている。

さぁ最強の“味覚オンチ”の称号を手にするのは誰なのか?




料理対決の行方は?


続いて、「ノーレシピクッキング」というレシピを見ずに味の記憶だけで料理を作るチーム戦を開始。Aチームの岩岡徹、大野雄大は「サバの味噌煮」に挑戦。釣り好きで料理が得意な大野が包丁を握りサバを見事に3枚に捌く。岩岡は火にかけた鍋を見守りながら、奮闘する大野を応援。「昨日も魚をさばいたんですよ」と言う大野。するとすかさず、「雄大が捌いた釣ってきた魚をもらったりします」と自慢する岩岡。そんなプライベートでも仲良しの2人が、あったかいご飯がほしくなるような「サバの味噌煮」を完成させる。


一方、Bチームの工藤大輝、花村想太、和田颯は「麻婆豆腐」に挑戦。普段は料理をほとんどしないという3人だが、花村が謎の自信を胸に果敢に長ネギを刻み始めた。不安に駆られながら工藤と和田も動き始める。長ネギを切り終えた後もひたすら食材を刻み続ける花村を横目にコンロの周りで悪戦苦闘する工藤と和田。「これどうすればいいの?」「なんでそんなに水を入れるんだ?」という混乱の中、「麻婆豆腐」は完成へと近づく。「いったいどうなってしまうのだろう?」という空気がスタジオを包んだが、事態は意外な展開を見せる。さあ勝利を収めるのはどっちだ?


スタジオライブでは話題沸騰中「CITRUS」を披露


記念すべき初回スタジオライブでは、歌ネット注目度ランキングで3週連続1位を記録した日本テレビ系日曜ドラマ『極主夫道』主題歌『CITRUS』。メンバーの工藤と花村想太が作詞を手掛けたエモーショナルなロックバラードを、表情豊かなパフォーマンスで披露。力強い歌詞とダンスは見る人をその世界観に引き込むだろう。



「Da-iCEのヂカン」配信概要

◆配信日時:2020年12月10日(木)21:00~ 毎週木更新 ※一部変更あり

◆配信話数:全13話

◆出演:工藤大輝、岩岡徹、大野雄大、花村想太、和田颯、小沢一敬 ほか

◆番組公式サイト:https://da-ice-time.jp/

◆番組公式Twitter:https://twitter.com/da_icenozikan


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)