NiziU、J.Y. Park氏から貰った言葉を明かす『AERA』表紙に登場

芸能総合 公開日:2020/11/27 11
この記事を
クリップ

日韓合同オーディション・プロジェクト発のグローバル・ガールズグループのNiziUが、11月30日発売の『AERA』表紙に登場。4ページにわたるグラビア&インタビューも含め、 蜷川実花が撮影した。インタビューでは、韓国での共同生活で見えた「9人姉妹」のキャラや役割分担、 J.Y. Park氏からもらった言葉、 グループの最終目標などを明かした。


【関連】NiziU ロッテ「Fit’s」のCMに出演、“はじける笑顔”で大はしゃぎ


デビュー前にもかかわらず紅白歌合戦への出場を決めたNiziUだが、デビューまでの1年間、韓国に渡って共同生活を送り、準備を進めてきた。インタビューでは、共同生活の中で見えてきた、一人一人のキャラクターやグループ内での役割分担について、赤裸々に語っている。


プロデューサーのJ.Y. Park氏が彼女たちに繰り返し伝えた言葉が「自分らしく」。インタビュー中、 それぞれのメンバーが「自分自身の自分らしさってなんだろう」と問いかけ、答えを探そうとする姿は、次々と与えられる試練に向き合うオーディション中の彼女たちに重なる。デビュー曲に込めた思いとともに語られた「目標」の高さに、 彼女たちの強い決意が表れている。

※本記事は掲載時点の情報です。