嵐が“センター”ポジション決めのじゃんけん 「この5人だからできること」とは

芸能総合 公開日:2020/11/26 9
この記事を
クリップ

11月27日発売の『with1月号』(講談社)表紙&巻頭特集に嵐が登場する。今回のテーマは「4人+僕=5人の嵐」。


「この5人だからできること」を強く意識した撮影では、メンバーひとりひとりが、5人の集合写真を1カットごとにプロデュース。「嵐らしさ」と「ポップなあたたかさ」が凝縮されたフォトストーリーが完成した。部屋に見立てたコンセプチュアルな空間の上に用意したのは、ドア、バスタブ、ベッド、椅子、はしご&電球、と5種類の真っ白なセット。各セットのプロデュース担当になったメンバーは、的確かつ絶妙に他4人を演出し、「これぞ嵐!」な写真が次々と撮り下ろされた。



ちょっぴりラグジュアリーな椅子が置かれたセットの撮影では、あるメンバーのプロデュースにより、誰かひとりが「王様感」たっぷりに椅子に座ろう、ということに。「じゃあじゃんけん!」と、5人が小さな輪になり場所決めじゃんけんがスタート。最後は2人で「センター」ポジション決めの決戦じゃんけんとなり、王者が決まった瞬間はメンバーも「おぉ!」「さすが」と感嘆の声をあげる結果に。さて、一体王座を手にしたのはどのメンバーなのか、そして4人はどのようなポーズでこの王を迎えたのか…。


すべてのカットが、嵐のセンスと圧倒的なチームワークを感じられる超スペシャルなものとなったそうだ。見ているだけで5人の会話が聞こえてくるような、こちらまで思わず笑顔がこぼれてしまうようなとても素敵な写真たちに期待しよう。


今回withが届ける「嵐特集」は、カルチャー誌で長く嵐と向き合ってきた上田智子さんをディレクター&インタビュアーに迎え「今、あらためて伝えたい嵐の魅力」を意識したチームで取り組んだ。世界へと飛躍を遂げる大きな存在になった嵐。パーフェクトなエンターテイメント性はもちろんだが、いつまでも変わることなく“きゅっ”とメンバー同士が向き合い楽しそうにしている5人の姿、その普遍的な輝きをしっかりと伝えたい――そんな想いでお送りする、嵐ならではの特別な世界。写真はもちろん、インタビューでも5人の「嵐らしさ」が満載だ。


インタビューはすべて5人全員による座談会。テーマは「僕の見ている嵐の風景」。メンバーにしか見ることのできない“4人の嵐”に焦点を絞り、デビューから21年のあいだ“特に印象に残っている4人の姿+自分”について、さまざまなエピソードを交えながら、絶え間ない笑い声とともに語ってくれたそうだ。総ボリュームは約14000字!たくさんの懐かしい話から真面目な嵐への想いまで語られる「超ロング座談会」に注目だ。


■with 2021年1月号
発売日:11月27日(金) ※首都圏基準
価格:690円

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ