GENERATIONS 白濱亜嵐、ファンによる福岡タワーのライトアップに感謝「キレイだったなぁ~」

芸能総合 公開日:2020/11/24 5
この記事を
クリップ

GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)がメジャーデビュー8周年を迎えた11月21日、福岡タワーがGENERATIONSカラーにライトアップされた。

この企画は有志のファンによって実現したもので、当日20時になると夜の街を照らすように、福岡タワーが美しい黄色に点灯した。ライトアップの模様は、地元のファンを中心にSNSなどでシェアされて大きな話題となった。



このファンからのサプライズにリーダーの白濱亜嵐は「メンバーに届いています!キレイだったなぁ~」と自身のブログでファンに応え「自分の中では周年はあくまで通過点!現状に満足する事なく音楽、ダンスに打ち込んでいきたいと思います!マダマダ夢への途中!これからも沢山の夢を叶えていきたいと思います!これからも宜しくお願いします」と感謝の気持ちを綴った。福岡タワーは、好きな色でライトアップできるサービスを提供しており、記念日のサプライズなどに利用されている。




GENERATIONSは2019年に行われた5大ドームツアー『GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”』の最終公演を福岡 ヤフオク!ドームで開催するなど、これまでに幾度も福岡を訪れてきた。今回のライトアップは、GENERATIONSと福岡のファンの絆が垣間見えるサプライズとなったといえるだろう。



GENERATIONSは、11月18日に24枚目のニューシングル『Loading...』をリリース。「未だ先の見えない世の中で、この状況に留まることなく、進み続けていきたい」というメンバーのメッセージが込められた1曲だ。年末には2年連続となる『第71回NHK紅白歌合戦』への出場も決定している。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)