岩田剛典&新田真剣佑 2人が生み出した新たな絆、『Numero TOKYO』で互いの印象明かす

芸能総合 公開日:2020/11/24 8
この記事を
クリップ

岩田剛典と新田真剣佑が11月27日(金)発売の『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』1月2月合併号特別版の表紙に登場。特集ページでは特別版、通常版ともに10ページにわたり二人に迫っている。



2021年公開の映画『名も無き世界のエンドロール』で初共演した岩田剛典と新田真剣佑。それまでほとんど接点がなかったが、 出会った少年期からずっと支え合いともに成長した運命的な幼馴染みという役柄を通し、 新たな絆を生み出した。



それぞれの印象をたずねると岩田は「ちょっとしゃべるだけで天真爛漫な性格が垣間見えて可愛いんですよね。 もう天使みたい(笑)」、新田は 「プライベートでも会っていたような親近感を感じた」(新田)とコメントした。


インタビューで岩田はコロナ渦で仕事と自分を見つめ直して感じたこと、 新田も役者への思いを語っている。個性を感じるソロビジュアルはもちろん、 二人の絆を感じるツーショットが収められている。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)