飯豊まりえ、年末放送ドラマで先輩役者たちへ語った感謝

芸能総合 公開日:2020/11/17 5
この記事を
クリップ

モデル、女優、MCとして幅広く活躍中の飯豊まりえが11月17日発売の『週刊FLASH』(光文社)にの表紙、巻頭ページに登場している。


12月28日より三夜連続SPドラマ『岸辺露伴は動かない』(NHK)のヒロイン・泉京香役を演じた。今作は、累計発行部数は1億部を超える荒木飛呂彦原作の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のスピンオフ作品であり、主演を演じるのは、俳優の高橋一生。風変わりでリアリティーを重んじ、相手を“本”にするスタンド能力を持つ漫画家・岸辺露伴が相棒の編集者・飯豊とともに取材先で遭遇する奇妙な出来事を描く。

<飯豊まりえコメント>

「説明のセリフが多く、長回しなので凄く難しかったんですけど、高橋一生さんと瀧内公美さんに台本の覚え方を教わりました。セリフを暗記するのではなく、どう理解するか。役作りのやり方をこんな若輩者に教えてくださって、本当に感謝しています。だって、ある意味ライバルじゃないですか。それなのに『大丈夫?』と心配して、一緒に読み合わせをしてくれるんです。また、監督は朝ドラ『まれ』でお世話になった方で、5年ぶりにお会いしました。成長した姿を見てもらいたいと焦る自分がいたんですけど、今回いただいた役がどんな状況でもめげない女性なので、私も見習っていけたらと思います」


Ⓒ藤城貴則


<雑誌情報>

週刊FLASH

11月17日(火)発売 

特別定価480円  

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ