中居正広 劇団ひとり 古市憲寿による話題の絵本、発売前に10万部突破

芸能総合 公開日:2020/11/14 12
この記事を
クリップ

 『中居正広のニュースな会』(毎週土曜ひる12時~テレビ朝日系で放送、 一部地域除く)で生まれた絵本 『♪ピンポンパンポンプー』 (著者:中居正広、 劇団ひとり、 古市憲寿)が11月26日に発売されるが、 書店からの予約注文殺到につき、 発売前に累計発行部数が10万部突破となった(2020年11月14日時点)。


中居正広が話題のニュースを独自の切り口で解説していく新感覚のニュース番組『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)。 この番組の中で、 劇団ひとりが中居の事務所「のんびりなかい」の公式キャラクターとしてデザインし、 公表した2体のカピバラ「のんちゃんとびりーくん」が、絵本になった。


『♪ピンポンパンポンプー』は、 監修・中居正広、 キャラクターデザイン・劇団ひとり、 脚本・古市憲寿の番組レギュラー3人がタッグを組み、 約半年にわたって企画と制作を進めてきた絵本プロジェクトの集大成だ。


11月14日の同番組放送で告知されたが、 絵本の文を担当した古市憲寿による「絵本の下絵となった原画」と「手書きメッセージ」のデータを希望する書店に無料で配信する。 読者にとって書店に行く楽しみが少しでも増えればという思いから、 古市憲寿が番組で呼びかけた。マガジンハウスでは希望する全国書店を対象に、下絵の原画と手書きメッセージのデータを受注センターにて受付し、 配信する(一般の方の申し込みは不可)。



■書籍概要
書籍名 :『♪ピンポンパンポンプー』
著者  :中居正広 劇団ひとり 古市憲寿
発売日 :2020年11月26日
定価  :本体1,500円(税別)
判型  :B4変(220×220mm)・上製
発行  :株式会社マガジンハウス

※本記事は掲載時点の情報です。