キスマイ北山宏光を千賀健永&横尾渉がおもてなし、玉森裕太は人見知りを克服…!?

芸能総合 公開日:2020/11/13 17
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーがあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。第88話では、玉森裕太の新企画「玉森交友促進企画 となりでレトロ」と「北山宏光と川で遊ぼう」が配信された。



新企画「玉森交友促進企画 となりでレトロ」は、玉森の極度の人見知りという弱点を、玉森の趣味であるゲームを活かして克服しようというもの。今回玉森の前に登場したのは、「キスマイどきどきーん!」の美術スタッフの男性。玉森は人見知りながらも男性に名前を尋ねようとすると、「名前は教えることが出来ないんです…」と言われてしまう。というのも、この企画で玉森は男性とゲーム勝負を行い、ゲームに勝利しないと名前を知ることができないというルールが設定されていた。



今回玉森が挑戦するのはファミコンの『熱血高校ドッチボール』。玉森は「ほとんどやったことないから、勝てないかもしれない」と不安な様子を覗かせるが、勝負の前にゲームの操作方法を教えてもらうと、ゲーム好きの玉森はすぐにコツをつかみ、必殺技を出せるようになるまで上達する。


そしていざ勝負。玉森は早速覚えた必殺技を駆使して、男性スタッフを追い詰めていく。ゲームを始める前は、人見知りを発揮していた玉森だったが、勝負を通じて段々とリラックスしていく玉森の表情にも注目だ。


⇒次ページ:北山宏光を千賀健永&横尾渉がおもてなし


1/2ページ