千葉雄大「男らしいという言葉がなくなればいい」パールを纏い洗練のスタイル披露

芸能総合 公開日:2020/11/10 40
この記事を
クリップ

ミキモトのジュエリーを愛用する著名人や、親しみのある著名人のスペシャルインタビューと撮り下ろしビジュアルを随時公開する新たなプロジェクト「My Pearls, My Style」を2020年11月10日(火)よりスタート。初回の著名人として夏木マリ、千葉雄大が登場した。


夏木マリ、千葉雄大 パールジュエリーを纏った姿で登場


同プロジェクトの初回を飾ったのは、優しさや強さ、エレガンスな魅力で見せ、スタイルアイコンとしてその個性が国内外から注目を集めている夏木マリと、様々な役柄をこなし、パールのある生活を楽しむようになった千葉雄大。それぞれの個性や魅力、パールを纏ったとき醸し出される誇りや強さを表現したビジュアル作品にも注目だ。次回は冨永愛が登場する。



夏木マリ インタビュー



―夏木マリさんは、パールというジュエリーにどんな魅力を感じていますか?
パールは、その人らしさを際立たせる宝石。他のジュエリーとの最大の違いはそこにあると思います。パールを身につけている人を見て、そのスタイリングがその人の個性にしっくりきていることって、あるでしょう?「あ、そうよね。この人ならこう纏うわよね」と納得したり「この人はこんな風にパールを纏うのね」と目を奪われたり。纏い方だけでなく、その人が選ぶパールの大きさやネックレスの長さ、ボリュームによっても印象は変わりますよね。パールは、纏う人の個性が美しく反映されるジュエリーだと思います。
そしてもちろん、日本人としてのアイデンティティを思い出させてくれることもパールの魅力。日本人だったら皆、「いざ」という時はパールを身につけたいと思いますよね。日本人らしさを際立たせてくれるし、誇らしい気持ちにさせてくれる。年を重ねれば重ねるほどいっそう愛着が深まるのも、パールならではだと思います。

―今回の撮影衣装は、夏木さんのスタイリングアイデアを反映させたもの。そのコンセプトとは?
スタイリングのテーマは、やはり「エレガンス」を意識したものです。そしてそれと同時に、私らしくありたいという思いがありました。はっとさせるようなパールの纏い方ができていたらうれしいですね。今回の撮影で纏った4mのスーパーロングパールのネックレスのスタイリングは、長年の夢だったんです。「長いパールをぐるぐるに巻きたいわ」と昔から言っていたの(笑)。その念願叶って、幸せな時間でした。衣装は、私物と今季のレディトゥウエアをミックスしたもの。タートルネックのトップとパフスリーブのドレスは私物です。

―夏木さんが初めてパールを身につけた記憶があるのはいつですか?
ずいぶんと昔のことになりますが、おそらく母か祖母から指輪やネックレスを譲り受けたときが初めてだと思います。初めて自分でパールを買ったのは、1990年に「遊学」として、半年間ニューヨークに住んでいたときのことです。19丁目にフリーマーケットがあって、そこでヴィンテージのパールネックレスに出会ったの。色々なものに埋もれていたのを発掘して……まさに、奇跡の出会い。そのパールの粒はとても小さいのだけれど、首のラインに沿うようなもので、とても綺麗でした。

―ミキモトのパールが似合う女性とは、どんな女性だと思いますか?
パールというと、一般的にはコンサバティブなジュエリーだという印象をお持ちになる方が多いと思いますが、ミキモトのジュエリーのデザインにはアバンギャルドなものがたくさんあるんですよね。クラシックな美しさがありながら、どこか個性的になれる。それがミキモトのパールの魅力だと思います。パールは、そのつけ方によっても、さまざまに個性を反映させてくれるでしょう? リングをひとつつけるにしても、薬指につけるのと、人さし指につけるのとでは全くスタイリングの印象が変わりますものね。

千葉雄大 インタビュー






―「パールは女性が身につけるもの」という先入観がまだまだ強いように感じられますが、千葉さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

僕には、「パールは女性だけのもの」という先入観は全くありませんでした。もともと友人のファッションデザイナーさんがコレクションでパールのスタイルを提案していたのを見て、素直に「あぁ、格好いいな」と思ったのが、自分でもパールを楽しむようになったきっかけです。

―16世紀のチューダー朝のイギリスでは、ヘンリー8世がパールを愛用していたという記録が残っていますし、宮廷人たちも片側の耳にパールのイヤリングをしていたそうです。

なるほど。だから歴史的に見ても、男性がパールを楽しむことは特別なことではないんですね。

―いま、一般的にいう男らしさとは何かという意識が変化しているように思われます。

たしかに男らしさという定義が変わったほうがいいと思うこともありますが、変わらなくてもいいのかなとも思います。それよりも、ゆくゆくは男らしいという言葉がなくなればいいというのが僕の考えです。例えば筋骨隆々の体育会系の人がいてもいいし、しなやかに振る舞う人がいてもいい。だから男らしさが変わるというよりも、あらゆるタイプの男性が認められる、そういった多様性のほうが大事だと考えています。

―実際、日常的に普段の生活でパールを身につけるようになって、ご感想はいかがでしょう。
僕は、パールはフォーマルな服装に似合うという思い込みがあって、今日もジャケットやスーツに合わせるんだろうと思っていました。あるいはパーティなどのイベントで、ちょっとした非日常を演出する小道具としてパールを認識していました。でも実際に自分でも身につけるようになって、ラフな白いTシャツとデニムにパールを合わせてみたりすると、想像していた以上に格好よかったです。自分の手持ちの洋服にも合わせてみましたが、ハードなライダーズジャケットにもフィットするし、フリンジのついたシャツに合わせてもかわいい。自分でつけるようになって、パールにはさまざまな装いになじむ汎用性があることと、普段使いできることを実感しています。

―パールを楽しむときのポイントはありますか?
先ほどの男らしさの話にも通じますが、男性に似合うものというよりも、自分に似合うものを探すべきだと思います。華奢なデザインのものはやはり繊細なスタイルに似合う傾向がありますし、逆もまた真なりでしょう。

―本日の洋服とパールのコーディネイトについて伺います。まず最初のコーディネイトですが、黒いシャツと襟なしのジャケットに「ミキモト コム デ ギャルソン」のネックレスを3本重ねづけしています。
これはもう、僕のイメージ通りのコーディネイトですね。まさに、こういう組み合わせでパールを楽しみたいと思っていました。

―次は、黒いシャツに約4mのロングネックレスを何重にも巻いています。
この長いネックレスは憧れのパール使いですね。いつかは、パールをこういう風に身につけてみたいと思いました。もうひとつ、初めてパールのリングとブレスレットをつけさせていただいたのですが、すごくきれいで気分が高揚しました。次に買うとしたらリングとブレスレットだな、と心に決めました。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)