平祐奈&土屋太鳳のドレス2ショットにファン歓喜「絵になる」

芸能総合 公開日:2020/11/05 16
この記事を
クリップ

女優の平祐奈が4日、アメーバオフィシャルブログを更新。映画『青空エール』(2016年)で共演した女優の土屋太鳳とのドレス2ショットを公開し、ファンから反響を呼んでいる。


10月31日、東京国際フォーラムにて行われた第33回東京国際映画祭(11月9日まで)のオープニングイベントに登場した2人。平は、同映画祭の特別招待作品『10万分の1』(11月27日公開)で、EXILEのパフォーマーでありGENERATIONS from EXILE TRIBEのリーダーを務める白濱亜嵐とW主演を務め、共演した優希美青、三木康一郎監督と登場。また、同じく特別招待作品で、お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の寺門ジモン(57)初監督作品『フード・ラック!食運』(11月20日公開)に出演する土屋は、寺門、W主演のEXILE NAOTOと共に登場。


この日、更新したブログで「先日の東京国際映画祭では 太鳳ちゃんとも久々に会えてとっても嬉しかったです」と白を基調としたシンプルなドレスに、存在感のあるジュエリーを身につけ、タイトなヘアスタイルで華やかな土屋と、白い花モチーフが目を引く、透け感のあるティアードドレスを着こなした平との2ショットを公開し、「太鳳ちゃんの映画「フード・ラック!食運」楽しみです」と述べた。


また、映画『青空エール』で共演経験のある2人。「お互いに大好きな焼肉の話をしていていつか一緒に焼肉食べに行こうねと約束したことが懐かしい思い出です。。」とつづり、「近々実現できますように…」と願いをこめブログを締めくくった。


この投稿にファンからは「絵になる美人姉妹」「仕事頑張れそう!」「日本を代表する美人女優二人」「素晴らしい写真」「二人での焼き肉パーティが、近々開かれるといいですね(笑)」などのコメントが寄せられている。


映画『10万分の1』は、『「彼」first love』、『僕達は知ってしまった』など数々のヒット作を生み出したピュアラブの名手・宮坂香帆の最新作『10万分の1』が原作。「この漫画がすごい!WEB」で紹介され、「今一番泣ける漫画」とSNSで口コミが広がり、120万部突破の大ヒットを記録。本当に大切なものは何かが見え始めたこの時代に、人と人のつながりの素晴らしさを描き、難病・ALSに立ち向かう、初めて恋した高校生二人の感動の純愛ラブストーリー。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)