元アイドリング!!!の外岡えりか、バカリズムにようやくカレンダー渡す

芸能総合 公開日:2020/11/01 45
この記事を
クリップ

元アイドリング!!!の外岡えりかが『2021年カレンダー』(トライエックス)のカレンダーをリリース。発売を記念したイベントが東京・ブックファースト新宿店で行われた。


「今年で14年連続での発売になりました。改めて14年ってどれくらいなんだろうって考えてみたんですけど、幼稚園生が高校を卒業しちゃう期間なんですよね。そうやって考えると、干支を一周したときに、みなさんからすごいねって言ってもらえましたけど、この長さって結構すごいことだと思うんですけよ。それだけ続けさせてもらえているのが本当に幸せでうれしいとしみじみ感じています」と語った。


カレンダーのテーマは、「私はいま29歳で、20代最後の年で来年から30代になるので、今までの道を振り返って、カレンダーをめくると未来が始まっていくという感じです。30代もきっといろんなことが起きると思うので、そういうメッセージを込めた作品になりました」と説明した。その中でも一番のお気に入りのカットは春の爽やかなカットを選んだ外岡。「3・4月のカットなんですけど、躍動感のあるカットかなと思って。写真なのに動きを感じられる飛び出した感が出ているので気に入っています」と紹介した。


そんなカレンダーを飾ってほしい場所を聞いてみると「玄関です。毎日必ず通る場所でもあるじゃないですか。日常の中で当たり前にある場所で、いってきますという気持ちにもなりますし、ただいまという気持ちにもありますし、そういう風な日常の中でいられる場所が玄関だと思います」と話した。


10月30日はアイドリング!!!を解散した日であり、あれから5年の月日が経った。そのアイドリング!!!の同窓会の番組が先日放送されたが、「一昨日アイドリング!!!の再会の日という番組がありました。解散のときに5年後にまた会いましょうというと約束をしていたんですよ。今の厳しい状況を考えるとすごいことだと思うんですよ。大人になって約束が実現することは貴重なことだと思うんですよ。久しぶりに升野さん(バカリズム)やメンバーにも会えてうれしかった」と話してくれた。


そのバカリズムにお土産を持って行ったそうだが、「初めて升野さんにカレンダーを渡せたんですよ。アイドリング!!!をやっているときに10回くらい渡すチャンスはあったんですけど、渡せなかったんです。ようやく渡せてました。しかもちゃんと持ち帰ってくれたみたいなのでよかったです。でも升野さんのことだから1年間丸めたままだと思いますけどね。ぜひ飾ってほしいです」とアピールした。


アイドリング!!!で一緒に活動していた朝日奈央が大人気だが、朝日について聞かれると「生放送で同窓会をやったんですけど、次の日の朝にテレビをつけたら奈央が出ているんですよ。さっきまで一緒にいた子がテレビに出ているのを観て不思議な感じになりました。すごい頑張っているので応援しています」とエールを送った。 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 40件)

関連タグ