ミス・ユニバース日本代表が杤木愛シャ暖望さんに決定「やっと夢が叶った」

芸能総合 公開日:2020/10/30 4
この記事を
クリップ

知花くらら、森理世といった人気モデルを多数輩出してきたミス・ユニバース日本代表を決定する「2020 ミス・ユニバースジャパン ファイナル」 が10月29日(木)、山野ホール(東京都渋谷区代々木)にて開催された。


日本全国から書類審査及びオーディションで選出され、コロナ禍にありながらもオンラインでの様々なレッスンと中間審査を通過した30名が、まずはファイナリスト11名に、そしてTOP5に絞られる。そのまま最終審査へと移り、2020年冬開催予定の「ミス・ユニバース世界大会」へ出場するミス・ユニバース日本代表が決定するという寸法だ。


早速、30名全員が参加する「ウォーキングショー」で“美の祭典”の幕は上がり、会場のボルテージが持ち上がると、ファイナリストの11名が発表される。



今年度のミス・ユニバースジャパンファイナリストとして選出されたのは、古川萌梨、上梨ライム、サイード横田仁奈、園田悠希、奥村彩花、平良あすか、リトル満里菜、中野悠希乃、栃木愛シャ暖望、渡辺耀、釣谷真白の11名。さらにファイナリストの自己紹介スピーチVTRが流され、水着審査、ドレスウォーキング審査が行われると、候補者は、杤木愛シャ暖望、園田悠希、上梨ライム、リトル満里菜、渡辺耀のTOP5に絞られる。


TOP5候補者それぞれが最終スピーチ審査で思いを伝えると、いよいよファイナルウォーキングで壇上に。そして、今年度のミス・ユニバースジャパングランプリに輝いたのは…、杤木愛シャ暖望 (とちぎ あいしゃ はるみ)。感極まり涙する場面がありながらも、笑顔でティアラを頭上に輝かせた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)