ジェジュン WHITE編とBLACK編の2パターン撮影、難解なコンセプトも瞬時に表現

芸能総合 公開日:2020/10/26 10
この記事を
クリップ

『with』12月号(講談社)にジェジュンが登場。「WHITE」と「BLACK」のジェジュンを公開している。


「誰もが時にめげたり、悲しい気持ちになったり、たっぷりとある時間を持て余したり、それでも前を向いて歩こうと強く思った…」

特別な年となった2020年に対して、ジェジュンもそんな思いを抱きながら、それでも、またファンに何かを届けたいと強く思ったとインタビューでは語る。そんなタイミングで出版される号だからこそ、今回のストーリーは輝きに満ちた明るい世界(WHITE編)と、時に私たちを覆う暗闇を感じさせるダークな世界(BLACK編)の2パターンで撮影。まさに上記の2つの明るい部分と暗い部分の両面を見せてくれる。


このちょっぴり難解な撮影コンセプトをジェジュンに演じてもらうことに不安がなかったわけではないというスタッフ。というのも、今回のセットは、あえて同じ小道具を使い、その配置を変えることで2パターンのセットを作っている為、ライティングは変わるけれども、撮影している時の状況が大きく変わるわけでなく、コンセプトの咀嚼が難しいのだそうだ。


ところが、ジェジュンにそのコンセプトを説明したところ、瞬時にその世界観を理解し、見事に自分の中に落とし込んでくれたという。光や雰囲気に合わせて、自在に表情を変える姿はさすがの一言。今にも涙がこばれそうな憂いのある瞳や、やんちゃでいたずらな少年のような不敵な笑みなど様々な顔を見せた。 


インタビューもたっぷり。WHITE編とBLACK編の2パターンで異なる内容になっており、読み応えもたっぷり。何度も、何度も、読み返したくなる内容をぜひwith誌面で楽しんでみては。


■with 2020年12月号
発売日:10月28日(水) ※首都圏基準
本誌(通常版・表紙JO1)価格:690円
増刊(特別版・表紙広瀬アリス/セーラームーンマスクケース付き):710円

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ