元AKB48 大島涼花 初のイメージDVDリリース「経験のひとつとしてチャレンジ」

芸能総合 公開日:2020/10/25 3
この記事を
クリップ

元AKB48のメンバーで現在は女優として活躍中の大島涼花がファーストDVD『閃光』(イーネット・フロンティア)をリリース。発売記念イベントを東京・書泉ブックタワーで行った。


初めてのDVDを手に取った感想は、「自分がDVDを出すイメージを持っていませんでしたのでうれしいしですし、今まで私を知っている人以外にも幅広く知ってもらえるキッカケになってくれたと思います」と話した。


初のDVDは7月に宮古島で撮影を行った。「宮古島ではもずくをが美味しかったです。お酢で食べるのではなく、めんつゆで食べるもずく素麺というのがあって、それをずっと食べていました。ヘルシーで健康にいいものをいっぱい食べていました」と振り返った。内容については、「今までの私は元気なイメージが強いと思うんですけど、そういうのもありますけど、大人っぽい黒とか紺の水着を着たりもしていて、新鮮な自分が出せていると思います」とコメント。おすすめのシーンを聞いてみると「ピンクの水着を着てバスルームでシャワーを浴びているシーンがありまして、ここでは光がすごくきれいで、もれていました」と紹介。セクシーなシーンについては「朝のベッドシーンですね。リアルな寝起きみたいになっています。リアルな私が楽しめます」と話した。


DVDを出そうと思ったキッカケについては、「今年の5月に「週刊プレイボーイ」でAKB48を卒業してから初めて水着を披露したんですよ。自分はお芝居をしたいのが一番ですけど、今はまだ22歳になったばかりなので、若いうちにできることはいろいろしたいと思いました。経験のひとつとしてチャレンジしてみました」とコメントした。


周りの反響についても聞いてみると「お父さんには見せられないです。今日のイベントのこととかお父さんに話していないのに「明日イベントか」とか言ってきたんですよ。SNSとかチェックしてくれているんだなと思いました。さすがにイベントには来ないと思いますけどね」と笑った。


これまでロングヘアーだったのだが、イベントではショートカットになって登場したのだが、「2週間前には人生初のショートカットにしました。15センチくらいは切りましたね。別になにかがあったから切ったわけではなく、断捨離クセがあって。自分の中で気分転換するときとか、モチベーションを上げる時によくするのでそれの一環で、今回もちょっと新鮮な気持ちになろうと思って切ってみました」と明かした。


現在は女優をメインとして活動している大島に今後について聞いてみると「幅広く活躍できる女優さんになりたいです。人間味のある作品が好きなので、人間くさい役に挑戦してみたいです。行定勲監督や白石和彌監督の作品が好きなので、にいつかお二方の作品に出られるように頑張ります」と意気込んだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 40件)

関連タグ