『東京メガイルミ』点灯式に桜井日奈子登場「やっぱり…カップルで来られたら最高ですね!」

芸能総合 公開日:2020/10/24 3
この記事を
クリップ

10月24日(土)から『東京メガイルミ2020-2021』がオープンする。3年目を迎える今シーズンは、コロナ禍で日常生活に変化をせまられ、心に不安を抱える全ての人に、光を灯し、楽しんでもらえるよう、噴水ショーと、都心に一番近いオーロラが更にグレードアップ。癒しの馬も毎日登場する。


オープンに先立って開催されたイルミネーション点灯式では、映画・ドラマに活躍中の女優・桜井日奈子が、キラキラのかわいいポニー馬車に乗って登場。当日は夕方まで雨天だったが、本番が始まる前に見事に雨が止み、そのことを聞かれた桜井は、「晴れの国、岡山出身なんで!」と晴れ女をアピール。点灯を前に行ったトークセッションでは、「馬車と聞くとシンデレラが思い浮かんだので今日は白いドレスを選びました」と、鮮やかな純白のドレスを紹介した。


また、今季の東京メガイルミの見どころの一つである桜花いっぱいの煌めきと光に包まれる長さ100mの「江戸桜トンネル」を司会が紹介すると、「江戸、和風のイルミネーションもあるんですね。桜というと、自分の名字にも桜が入っているので、今日は楽しみに来ました。」とコメント。


そして点灯式では、司会のカウントダウンに合わせて桜井が点灯。一気に競馬場が光と馬の屋外アミューズメントパークに変貌。その様子を見た桜井は、「こんなに高く噴水が上がると思っていませんでした。噴水もレーザーの演出などがあって、本当にきれいです!」と興奮した様子で感想を話した。司会から、誰と来たいですか?と聞かれると「やっぱり・・・カップルで来られたら最高ですね!でも、家族で来ても楽しめると思うし、誰と来ても楽しめそうです!」と答えた。


点灯式終了後には、『東京メガイルミ2020-2021』の見どころ各所でフォトセッションを実施。登場したポニーではなく、超大型馬(クライスデール)とのフォトセッションでは、予想以上の馬の大きさに桜井は驚いた様子だった。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)

関連タグ