高橋希来、二十歳が待ち遠しい「とにかく周りから大人に見られたいんですよ」

芸能総合 公開日:2020/10/17 6
この記事を
クリップ

元AKB48のメンバーであり、現在はグラビアを中心に活動している高橋希来が、2枚目となるDVD『きらぴんちゃ』(イーネット・フロンティア)をリリース。発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップで行われた。


2月に沖縄で撮影された今作。「タイトルが『きらぴんちゃ』って言うんですけど、沖縄といえば私の中では『さんぴん茶』なんですよ。私すごくさんぴん茶が好きなので、それに引っ掛けて『きらぴんちゃ』にしました」と明かした。内容については、「1作目の続きになっているんですよ。1作目では彼と付き合う前みたいでしたけど、今回はその彼と付き合いだして、旅行をするところまで発展しました」と説明。おすすめのシーンを聞いてみると「古民家で浴衣を着ているシーンです。その浴衣をだんだん脱いでいって、中にはセクシーなピンクの花柄の水着になっています。今年の夏はぜんぜん外にも出かけられなくて、浴衣を着る機会がなかったから一回ですけどDVDで浴衣を着ることができてよかったです」と喜んだ。


セクシーなシーンについては、「レースのワンピースの水着で、崖の上で風の強いところで撮影をしたんですけど、ここでは大人っぽい表情ができたと思います」と紹介した。撮影でのハプニングについて聞かれると「バトミントンのシーンがあります。私は中学生のときにバトミントン部だったので得意なんですけど、撮影のときはすごく風が強くて、まともにできなくて、下手な人みたくなっちゃったんです。それが悔しくて今後そういう機会があれば、得意なところを見せたいです」と振り返った。


「来年の1月に二十歳になり、どんどん大人っぽくなっていくので、また続きのようなお話しを考えています。セクシーな私になっていると思いますので、そんな姿を観ていただきたいです」とアピールした。二十歳を迎えることについては、「早く大人になりたかったので、なるのがすごい楽しみです。10代でやり残したことはないので、あと3ヶ月くらいですけど、残りの10代を楽しみたいです」と笑顔を見せ、「とにかく周りから大人に見られたいんですよ。やっぱりお酒が飲みたいです」と笑顔を見せた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 39件)

関連タグ